BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Dead by DaylightをプレイするためにオススメなゲーミングPC

f:id:bto365:20171209152139j:plain

2016年6月14日にリリースされ、2017年12月現在プレイヤー人数も1万人~ピーク時1万8千人近くいるDead by Daylightを快適に楽しむために必要なお勧めゲーミングPCを紹介したいと思います。

Dead by Daylightってどんなゲーム?

プレイヤーは、施設から逃げる4人のサバイバー側になるか、4人のサバイバーを追うキラー役のどちらかを選んで施設内で本気の鬼ごっこを楽しみます。

鬼ごっこというと緩く聴こえますが、基本的にホラーゲームなので、キラー役は4人のサバイバーを攻撃し、攻撃した後は何故かサバイバーを吊るすフックにひっかけなければいけません。

サバイバー側は逃げるにあたって、施設の敷地内にある発電機を発電させ出口を開けなければなりません。キラー側は追いつめる楽しさが、サバイバー側は逃げる楽しさを味わうことのできるゲームです。

Dead by Daylightをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • CPU: Intel Core i3-4170またはAMD FX-8120以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU: GeForce GTX 460またはAMD HD 6850以上
  • ストレージ空き容量:15GB以上

推奨動作スペック

  • CPU:Intel Core i3-4170またはAMD FX-8300 以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:GeForce 760またはAMD HD 880以上
  • ストレージ空き容量:15GB以上

推奨スペックだけ確認するとミドルスペック以上のゲーミングPCにて快適なプレイが可能になりそうです。

スペック不足のゲーミングPCでプレイした際の弊害は?

まともに動作せず、キャラクターはチラつき、カクカクの動作になることも考えられます。更にはオンラインのみのゲームなので、他のプレイヤーにまで悪影響を与えることが考えられます。

スペックを満たしたゲーミングPCでプレイした際の恩恵は?

美麗グラフィックを売りしているゲームではありませんが、サバイバー側、キラー側ともに快適な動作を得られればよりゲームのスコアアップが期待できます。

サバイバー側は生存率が上がり、キラー側はキル率も上げられることでしょう。

Dead by DaylightをミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

f:id:bto365:20171209152158j:plain

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

CPUのオーバークロックやゲーム中のCPU負荷の表示等ができる「MSIアフターバーナー」の使い方

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

数値の計測中はウルトラ画質設定でプレイした状況となっております。

GPU負荷率

f:id:bto365:20171209152233j:plain

GPUへの負荷は50%とあまり高くありません。ミドルスペックのグラフィックボードがあれば十分ウルトラ画質でも快適に遊べるようです。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20171209152246j:plain

ゲームプレイ中のメモリ使用量は高いところで2.5GB程度です。GTX1050Tiは搭載するゲーミングPCは購入しておきたいところです。

フレームレート

f:id:bto365:20171209152257j:plain

フレームレートは、50~60fpsで表示されております。プレイには問題が無いフレームレートです。もっと向上させたいようであれば、ハイスペックゲーミングPCは欲しいところかもしれません。

CPU負荷率

f:id:bto365:20171209152307j:plain

CPUへの影響は少ないゲームなのか、30%近くとあまり負荷は高くありません。最近のCPUであればCore i5でも良いかもしれません。

メモリ使用量

f:id:bto365:20171209152317j:plain

メモリ使用量は5.5GB近い状況です。エントリーモデルにあるような4GBメモリ搭載のゲーミングPCではメモリ不足になる恐れがあります。エントリーモデルでも性能の良いゲーミングPCかミドルスペックのゲーミングPCが欲しいところでしょう。

上記のことを踏まえると

ミドルスペック以上のゲーミングPCがあれば、プレイ自体は可能であると思います。以上の動作確認をしたうえで、下記よりDead by Daylightを楽しめるゲーミングPCを紹介したいと思います。

Dead by DaylightをプレイするためにオススメのゲーミングPC

ガレリア DH

GPUにGTX1050Tiを搭載しており、CPUもCore i5-7500を搭載しております。メモリも8GB搭載しているので推奨環境も満たすこともでき、ウルトラ画質でもプレイができるゲーミングPCとなっております。

メインストレージがSSD120GBなので、長期使用を考えるとやや不足すると思われますので、費用に余裕があれば250GBか500GBへの交換をオススメします。

>> ガレリア DHの詳細

ガレリア ZJ

GPUはGTX1060(6GB)を搭載しており、CPUもCore i7-8700Kを搭載しております。メモリも8GB搭載しています。ウルトラ画質でも遊べるミドルスペックゲーミングPCです。

このゲームだけでなく、更にハイスペックゲームも遊びたいということであれば、ハイスペックゲーミングPCを購入することをオススメします。

>> ガレリア ZJの詳細

他にもあると良いもの

ゲームコントローラーに対応しているので、コントローラー慣れしている人はコントローラーを購入すると快適に操作できると思います。

 

www.bto365.net