BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

UBIソフトのPCゲームUplayアカウントをコンシューマーゲーム機アカウントと連携させてみた結果

f:id:bto365:20171202141354j:plain

UBIソフトのゲームですが、PC版とコンシューマー版と様々に展開されております。私もPS4やニンテンドースイッチ等の次世代機を所有しておりますが、ゲームはほぼPC版を購入しております。

PCとコンシューマー機のアカウント連携はどうのようになっているか

UBIソフトのコンシューマーゲームは実は買っておりませんでした。そういった状況でPCのUplayアカウントとコンシューマーゲーム機のUBIソフトアカウントは一体どうなっているのか?が気になりました。

PC版は言わずと知れたUplayというアカウントでゲーム情報を管理しております。クラウドでセーブデータ等も管理してくれておりますし、100ポイント貯めることでゲームの20%引きクーポンに引き換えができる制度も非常に重宝しております。

しかし、コンシューマーゲーム機ではどういった利点があるのだろうか?そしてPCのUplayアカウントとはどういう繋がりがあるのか実際に調べてみたくなりました。

PS4版フォーオナーを買って調べてみた

丁度ヨドバシカメラで新品1,980円でフォーオナーを販売していたので、新品ならUBISOFTメンバーズクラブに加入できるシリアルナンバーも絶対入っているだろうと思い購入をしました。

まずコンシューマーゲーム機では、UplayではなくUBISOFTメンバーズクラブという独特の制度があるようです。https://ubisoft-members.jp/というサイトアドレスで、PCでお世話になっているUplayとは別物のようです。

このサービスは、完全に独立していてコンシューマー版のゲームを購入すると同封しているシリアルナンバーを貯めてポイントにより、様々な景品と交換できるようです。コレはちょっと羨ましいとも思いました。

しかし、いざ加入してログインしてみると、ポイント交換以外は非常に見づらく情報も少なめでした。ポイント交換サイトと割り切った作りになっているように思えました。一部予約購入したゲームはボーナスポイントを得られるようで、一時期のクラブニンテンドーを思い出しました。

Uplayとの連携は

PC版のゲームでも使用しているUplayとのかかわりは何かあるのか?と思いPS4版のフォーオナーを起動するとUplayアカウントへのログイン確認がありました。

早速ログインしてみると、Uplayアカウントとの連携を行うことができました。しかし、それだけであって別にPC版フォーオナーとのデータ連携は一切無いようでした。

PS4版フォーオナーを立ち上げましたら、いきなり初期状態であり、更にはPC版で購入したシーズンパスなどは全く役に立っておりません。ゲーム自体は楽しいのですがシーズンパスが生きていないのは辛いところでした。

シーズンパスの値段を見ると5千円という値段が突きつけられ・・・思わず『う、嘘だろ・・・?』と独り言を呟いてしまいました。

PC版とコンシューマー版ではUplayのアカウントは別でも、データは全くの別なので、連携に全く恩恵は感じられませんでした。それぞれのゲームで同じリワードをクリアしても別々にポイントがもらえるのは利点かもしれませんが、あまり嬉しくはありません。

まとめ

コンシューマー機と連携をしてみましたが、アカウント情報以外は全く連携の意味が無いということがわかりました。

コンシューマーゲーム機オンリーでUBIソフトのゲームが出されることは少ないでしょうし、私はPCの方に利便性を感じるので今後もPC版のゲームを購入することになりそうです。

折角なら、コンシューマーゲーム機とPCでのデータ連携もしてくれたら嬉しいのですが、それはそれぞれのハードの垣根があるから難しいのでしょう。ちょっと残念です。とりあえず折角PS4版のフォーオナーを購入したので、PC版とPS4版との違いでも見つけられればと思います。