BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

無線LAN 子機 デュアルバンド ハイパワー アンテナを使用してみた

古いノートPC用に使用していた無線LAN子機AtermW500P、急に5Ghz帯だけが繋がらなくなるという故障が生じました。ノートPCに2.4Ghz帯域なら内蔵している機器で大丈夫なので意味がありません。

 

www.bto365.net

1年以内なら保証書も効くかもしれませんのでAtermW500Pは修理に出してみるとして、修理に出している期間中に5Ghz帯域が使えないというのも不自由なので別の無線LAN子機の購入をしてみました。

無線LAN 子機 デュアルバンド ハイパワー アンテナの使用感

f:id:bto365:20171118152408j:plain

とりあえず、修理に出す間のつなぎとして使用できれば良いので、そこまで高価ではない無線LAN子機を購入してみることにしました。

今回私が選択したのは無線LAN 子機 デュアルバンド ハイパワー アンテナです。2000円を切ってとりあえず5Ghz帯域に接続できれば良いと思い購入をしてみました。

セットアップは簡単?

OSにWindows10を使用していれば自動的に認識してくれるようです。7や8あたりだと、付属のドライバCD(8cm)を使用してインストールが必要です。

今回はWindows10にしている古いノートPCで使用しているので、自動的にドライバを認識してくれました。あとは親機に5Ghz帯域で接続するだけでセットアップは完了です。

これといった不具合もなく、スムーズにセットアップすることができました。

通信状況は快適?

無線LANルーターの親機は、回線の問題で自宅の1Fの隅になっております。そしてノートPCは対角線上の2Fの部屋という通信環境的には非常にハードな状態なのですが、以前使っていたAtermW500Pでは5Mbps~15Mbps程度の速度は出ておりました。

そして今回無線LAN 子機 デュアルバンド ハイパワー アンテナでの接続速度ですが5Mbps~10Mbpsという速度が出ております。設置位置と値段を考えれば【こんなもんだろう】と思います。

電波状況の良いところであれば、もっと速度も出るのですが、その部屋で使用したい状況なので仕方ありません。そのうち無線LAN中継器も買おうかと思います。

動画を見る程度なら快適

5Ghz帯域に接続して、動画を見てネットをする程度なら十分な回線速度だと思います。オンラインゲーム等をするならば、やはりもうちょっと良いものを購入した方が良いと思えます。

今回安価な無線LAN子機を購入してみましたが、使えないことはないと思いました。最近は色々と安価でそれなりの性能が得られるものが増えていて、良い時代になったものだと思います。