BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

ゲームをプレイする上で納得する課金要素は

f:id:bto365:20171103142751j:plain

最近のゲームをプレイすると付きまとうのは『課金要素』の有無です。『課金要素』はユーザーからは問題視され、歓迎される要素ではありません。

しかし、ゲーム会社からすると、大事な収入源となっており、今ゲームにとって『課金要素』は切っても切れない要素となっております。

ユーザーは何故課金要素を嫌う

課金要素の在り方にも問題があると思いますが、課金要素の歓迎される要素と、そうでない要素があると考えられます。

歓迎されない課金要素

嫌われる課金要素としては『アンロック課金』が挙げられると思います。フルプライス支払ったゲームに隠されたゲーム要素を開放させるための課金、課金しないとゲームバランスが保てないような課金は歓迎されません。

『ガチャ課金』もガチャで成り立っている完全無料ゲームは容認されておりますが、フルプライス支払ったゲームへの追加ガチャ要素は嫌がられると思います。

課金アイテムがゲームバランスを左右するようなゲームは『課金要素』が歓迎されないと思います。人はどうしても上を見てしまうもので、課金しないとゲームが成り立たないと『妬み』の気持ちが大きくなり『ずるい』という考えに至ってしまう人が多いからだと思います。

歓迎される課金要素

課金自体あまり歓迎されない要素ではありますが、ファン向けのゲームバランスに関係ない『追加スキン』等は、歓迎されることが多いです。

また『追加シナリオ』等は、対価を支払っても問題ないとされることが多いと思います。ただ、その追加シナリオを含んだ完全版が安価で発売されるようですと問題になる部分も多いと思います。

『ゲームバランスは崩壊させることなく自己満足を得られる要素』か『新たな開発コンテンツ』あると納得の行く歓迎される『課金要素』になると思われます。

課金要素の匙加減

課金に成功していると思われるグランドセフトオートの課金要素は『ゲーム内通貨を購入すること』に特化しております。ゲーム内通貨を得るだけなので、使い道はプレイヤーの自由となります。

しかし、同じ『ゲーム内通貨を購入すること』を課金要素としたフォーオナーでは『課金要素』が歓迎されませんでした。戦技の開放やスキンの開放といった使い道が良くなかったのでしょうか?

ユーザーの納得の行く『課金要素』は『課金すること』によって、どれだけプレイヤーが満足を得つつ、ゲーム内バランスを崩壊させないかの匙加減が難しいところだと思います。

課金はゲームの延命に必須の時代

ゲームの開発費も上がっている昨今『課金要素』はゲーム会社にとって必要不可欠となる要素にあっていることは間違いありません。

グランドセフトオートやコールオブデューティ等は『課金要素』から大きな収入を得ることで、ゲームが存続していることも間違いないようです。

私もあまりゲーム内課金はしないタイプなのですが『ちょっと便利になるアイテム』や『見た目が格好いいアイテム』だったら課金してしまうこともあります。

好きなゲームでしたら、そのゲームが存続してくれる方が嬉しいので『あまりにもえげつない課金要素』でなければ課金も悪いことではないと思います。

『万人を納得させる課金要素』は大変難しいと思います。なにせゲームに落とすお金はなるべく少なくしたいと思うのは、仕方が無いことだとも思います。

今後のゲームには『課金要素』は付き物になってくると思います。多くのユーザーに歓迎され納得される課金要素が増えてくれたらと思います。