BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

紛失したスマホやタブレットをPCを使用して探す方法

スマホやタブレットを落としたら、大事な個人情報の漏洩も心配ですが、悪用されたり、さらには売られてしまうのでは?という心配が尽きません。

位置情報を記録しているスマホやタブレットでしたら、PCで探すことも可能です。ここではその方法を紹介します。

iPhone・iPadを探す

f:id:bto365:20171103142540j:plain

iPhoneとiPadを紛失した際の探し方です。と言いたいのですがその前に、まずiPhone・iPadにて事前に設定が必要です。既に紛失されていて設定していない方は申し訳ありません。

まず、位置情報の取得はONにしておきます。そしてiPhone・iPadの設定から、iCloudを選択します。そしてiPhoneを探すという項目があるのでそちらをタップします。そうするとiPhoneを探すという項目と最後の位置情報を送信という項目があるので、どちらもON(緑色)にしておきましょう。

紛失した際には、PCからiCloudのサイト(https://www.icloud.com/)に入ります。

iPhoneを探すをクリックすると、24時間以内にネット接続されていれば位置情報が取得できます。(取得できない場合は検知次第お知らせをクリックしておけば、登録したメールアドレスにメールが届きます。)

位置情報が把握できた場合、紛失したiPhone・iPadを選択しましょう。(i)マークがあるのでクリックするとサウンドを再生・紛失モード・iPhoneを消去という項目があるので、紛失モードを選択します。

紛失モードに入ると、ロックをかけていない場合は、ロックキーを入力をし、その後電話番号を入力(しなくても良い)、最後にiPhone上に表示するメッセージを入力できます。(このiPhoneを拾った方へ・・・等)

紛失モードの入力が終わると、iPhone・iPad上に先ほど入力したメッセージと電話番号が表示されます。見つかった際はiPhone・iPad上で先ほど入力したロックキーを入力すれば紛失モードは解除されます。

自宅の中で見つからない・・・という場合はサウンド再生すると、サウンドが鳴るので、そちらで見つければ良いと思います。

Android端末を探す

f:id:bto365:20171103142549j:plain

こちらもまず端末の設定を行なう必要があります。位置情報の取得をONにするのは一緒です。そして設定の中からGoogleを選択してセキュリティの中にある端末を探すの項目から、リモートで端末を探すとリモートでの出荷時設定のリセットを許可するの項目をONにしておきましょう。

そしてAndroidデバイスマネージャーのサイト(https://www.google.com/android/find?hl=ja)に接続します。

接続したら、端末を探すを選択するとこちらもネット接続されていれば、位置情報が取得できます。iCloud同様、音を鳴らす。ロックする。端末の消去が選べますので、ロックを選択しましょう。iPhone同様メッセージの表示等が設定可能です。自宅では音を鳴らせば見つけやすいです。

大事なスマホやタブレットには紛失設定を

自分は大丈夫と思っていても、うっかりということはありますので、もし紛失設定をしていないようでしたら設定しておくことをオススメします。

また、消去項目があるので、大事なデータを盗まれるか心配な場合はデータ消去という手段もありえると思います。しかし、最終手段だと思いますので良く考えて使いましょう。

スマホもタブレットも高価な物です。紛失した際にはしっかりと位置情報を把握する術を持っていた方が安心です。