BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

PSVRも実質値下げ?相次ぐVR機器の値下げと更にマイクロソフトのMRヘッドセットもSteam VR対応へ

Oculus Riftそしてhtc Viveの値下げが発表され、より手が届きやすくなったVR機器ですが、更にPSVRも海外にて実質値下げとなるバンドルの発売が発表されました。

今までPSVR単体のみで399ドルだったものが、カメラ同梱で399ドルという価格になりました。相次ぐVR機器の値下げに対抗してかどうかはわかりませんが、VR機器に興味があった者からしたら朗報です。

マイクロソフトから発売する期待のMRヘッドセットも2017年内発売の可能性

昨年から噂されておりました、マイクロソフトからVRとARの技術がミックスされたMR(Mixed Reality)ヘッドセットの発売が、いよいよ本年中との噂が出ております。

 

www.bto365.net

しかも、このMRヘッドセットがSteam VRに対応するということがニュースとなっておりました。

ソース:Steam VR is coming to Windows Mixed Reality headsets

そして、このMRヘッドセットですが、Acerから発売されるものは、価格がコントローラーとバンドルで399ドルとされております。PSVRと同等の価格でMRヘッドセットが購入できるというのだから驚きです。

しかもこのMRヘッドセットですが、片眼の解像度が1440x1440となっていて、既存のOculus Riftやhtc Viveの解像度である1080x1200よりも大きい解像度となっているようです。

こんな高性能なヘッドセットが399ドルで?と驚きを隠せません。日本でも低価格で発売されて欲しいものです。

Windows Mixed Realityヘッドセットに対応するPCのスペックは

今回はGTX1080上で動作していたものだということですが、Windows Mixed Realityヘッドセットは比較的低電力なPCでも動作するということらしいです。

まだ正式な動作環境はアナウンスされておりませんが、GTX1060クラスでも動作していただけると、私としても嬉しいところです。

今の今まで、VRヘッドセットの購入を迷っておりましたが、このWindows Mixed Realityヘッドセットに期待していたので、Windows Mixed Realityヘッドセットの購入を視野に入れていきたいと思いました。

価格やコンテンツにて、色々VRに対して懸念するところもありましたが、この時期にきて各ヘッドセットの値下げやMRヘッドセットの登場を受けて、VR関係の期待値が上がっていると感じました。

特にMRヘッドセットには期待しておりますので、もしハイスペックゲーミングPCが必要なようでしたら、購入も視野に入れたいです。