BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

ブラウザの閲覧中に同じような広告が表示されていて気持ち悪いときの対処方法

インターネットを閲覧していて、自分が調べた情報からと思われる広告が表示されて気持ち悪いと感じたことは無いでしょうか?

旅行の計画のため宿のことを調べたら宿泊施設の広告ばかり表示され、病気のことを検索したら、健康法や薬の広告ばかり表示されて気持ち悪いを通り越して怖いと感じたこともあると思います

なんで調べたことに係わる広告が表示されるのか

実は、ブラウザ上にはクッキー(cookie)と呼ばれる、アクセス情報を残す昨日があります。

頻繁に利用するサイトでログインIDやパスワードを残す機能なども、このクッキーを使用してのものです。

しかし、個人で設定しているクッキーとは別にトラッキングクッキーという、第三者から送られるクッキーのことです。

広告会社などから送られてきており、トラッキングクッキーにより、検索した情報などが検出され、その情報をもとに広告が出されております。

つまり、このトラッキングクッキーを元に広告が表示されているので、さっき検索したワードや今までのインターネット巡回記録などをもとに広告が表示されるので、同じような広告が何度も表示されるようになるのです。

トラッキングクッキーはブロックできるか

トラッキングクッキーによって、第三者から遠隔操作されたり、個人情報を抜かれたりといったことは今までありませんが、気持ち悪いのは確かです。

ブラウザによってはトラッキングクッキーを取得できないように設定可能です。

Google Chromeでのトラッキングクッキーのブロックの仕方

Google Chromeでは、設定からトラッキングクッキーをブロックできます。

【設定】→【詳細設定】→【プライバシーとセキュリティ】→【コンテンツの設定】→【Cookie】→【サードパーティのCookieをブロックする】から行なうことが可能です。

Cookie自体を残したくない、取得されたくないということであれば【サイトにCokkieデータの保存と読み取りを許可する】も外しておきましょう。

また細かく、ブロックするサイトや許可するサイトなども入力できるので、個別に設定したい場合は行うと、より使いやすくなります。

safariでのトラッキングクッキーのブロックの仕方

MacやiPhoneを使っている方に多いSafaridenoとらっきんクッキーのブロック方法です。

【設定】→【safari】→【Cookieをブロック】→【常にブロック】で行なうことが可能です。更に履歴とWEBサイトデータを消去もしておけば良いと思います。

Internet Explorerでのトラッキングクッキーのブロックの仕方

IE(Internet Explorer )でのトラッキングクッキーのブロックの仕方です。

【ツール】→【セーフティ】→【Do Not Track要求を送信する】から行ないます。IEの言い回しですと、足跡追跡しないでくださいとなっていてニュアンスが柔らかくなっております。

マイクロソフト社からの説明でも、足跡追跡しないでと言ってもされる場合がありますという解説になっております。いまいち心もとない言い回しです。

広告を表示させないアプリなども

AdBlockで検索するとGooglePlayやiPhoneなどで対応したアプリが出てきます。しかしその広告を消すアプリが広告表示されたりする場合もあり、イタチごっこのような気がします。

広告ブロックをすることで、必要なリンク情報が消える場合もあります。広告ブロックは適度に行なう方が良いと思います。

マウスクリックと違い、最近はタッチによる操作がメインになっているので、広告の誤タッチも増えているので、サイト閲覧にも邪魔ですしできれば広告表示は控えめなサイトを選んで閲覧するのが良いかとも思います。