BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Fire Pro Wrestling WorldでSteamワークショップを使いユーザーエディットしたレスラーを使ってみた

f:id:bto365:20170724162011j:plain

Fire Pro Wrestling Worldが早期アクセスを開始し盛り上がりを見せております。

そしてファイプロと言えば、エディットレスラーによる多様なレスラー作成も楽しみのひとつですが、1人のレスラーを作成するのもなかなか骨の折れる作業です。

他のユーザーが作成したレスラーをダウンロード

PC版のFire Pro Wrestling Worldですが、Steamワークショップを使えば、なんと他のユーザーが作成したレスラーをダウンロードして使うことが可能です。

また、自分で作成したレスラーもアップロードすることも可能です。ゲーム本編もアーリーアクセスということで、使用できるレスラーが少ないのですが、この機能のおかげで、発売から1週間を満たない時点で2000人を超えるレスラーが使用可能となっております。

レスラーのダウンロード手順

意外にこのレスラーのダウンロード手順がわかりづからったので、今回記事にしてみたいと思います。

まず、ゲーム内またはブラウザ上でファイプロのスチームワークショップへ移動します。URLは→https://steamcommunity.com/app/564230/workshop/

スチームワークショップで、お気に入りのレスラーを探します。文字検索もできますし、カテゴリ別のチェックでも分類がされております。

お気に入りのレスラーを見つけたら『+サブスクライブ』をクリックします。

ゲームを起動していた場合は一度ゲームを終了させます。ブラウザ上でゲームは起動していなかった場合はそのままで結構です。

ゲームを起動するとダウンロードが開始されます。そして、『クリエイトモード』から『チームエディット』の『レスラー移籍』替えを選択しましょう。

ダウンロードしたキャラクターは『引退』というカテゴリに分類されていますので、所属させたいチームに移籍させましょう。

これで、自分のファイプロのソフトでユーザーエディットしたキャラクターが無事使えるようになります。

実際に使ってみた

f:id:bto365:20170724162034j:plain

折角なので、ダウンロードしたキャラクターや自作したキャラクター、そして既存のキャラクターもあわせてCPUと対戦してみました。

他のユーザーが作成したキャラクターはロジックを見たいので、CPUに操作してもらいいざプレイします。

ついでにMSIアフターバーナーによる、計測数値も表示させておきました。GTX1060(6GB)搭載、CPUはCore i7-4790 メモリ16GBの我が家のゲーミングPCでは問題ない数値が出ておりました。

 

f:id:bto365:20170724162051j:plain

豊田真奈美さんや、WiiFitトレーナー、アイアンマンというキャラクターの戦いは見ていて面白かったです。こういった往年のレスラー、個性的なキャラクターや見立てキャラクターの作成は本当に見ているだけでも楽しいです。

私も時間があったら、レスラーエディットをじっくりとやってみたいと思いました。早期アクセスでファイプロができて、ゲーミングPCを所有していて本当に良かったと思います。