BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

ロングヒットゲームPC版「NieR:Automata(ニーアオートマタ)」プレイ感想

f:id:bto365:20170724161027j:plain

2017年3月に発売され、ロングヒットしているPC版NieR:Automata(ニーアオートマタ)をプレイしてみました。

NieR:Automata(ニーアオートマタ)ってどんなゲーム?

地球人は攻め入る機会生命体に月まで追いやられてしまい、人類は地球を奪還すべくアンドロイド部隊を地球におくりこみます。

プレイヤーはアンドロイド部隊『ヨルハ』に所属する『2B』となって、地球奪還のために戦います。

NieR:Automata(ニーアオートマタ)をプレイするには?

最低動作スペック

  • CPU:Intel Core i3 2100 以上またはAMD A8-6500 以上
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce® GTX 770 VRAM 2GB 以上またはAMD Radeon R9 270X VRAM 2GB 以上
  • ストレージ空き容量:50GB以上

推奨動作スペック

  • CPU:Intel Core i5 4670 以上またはAMD A10-7850K以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 980 VRAM 4GB 以上またはAMD Radeon R9 380X VRAM 4GB以上
  • ストレージ空き容量:50GB以上

推奨スペックを満たし、快適なプレイをしたいのであればミドルスペック以上のゲーミングPCがオススメです。

www.bto365.net

NieR:Automata(ニーアオートマタ)の良いところ、悪いところ

NieR:Automata(ニーアオートマタ)の良いところ

  • 爽快なアクションとシューティング
  • 凝ったストーリーとムービー

NieR:Automata(ニーアオートマタ)の悪いところ

  • 小さなバグなどの放置
  • アクション要素、シューティング要素と操作が多様にあり覚えるのが大変
  • オートセーブに対応していない

総合感想

f:id:bto365:20170724161040j:plain

3月の発売から、いまもなお売れ続けているアクションシューティングゲームです。ゲーム性が一貫しておらず、2D横スクロールのような視点もあればトップビュー目線もあり、TPSアクションゲームにもなります。

空間認識能力が弱いと辛そうなゲームだと思いました。私も何度か急激な視点変更で道に迷いました。ミニMAPもありますが、なんとかして欲しいところです。

 

f:id:bto365:20170724161052j:plain

しかし、そんな不満を消し飛ばすほどゲームは面白く、アクションもシューティングも爽快なつくりです。しかし難易度はそれなりに高く、セーブポイントも少ないので、やられてしまった場合セーブポイントからやりなおし・・・になるので、緊張感は高くて良いですが、やられてしまった際の絶望感はかなり大きいです。

はじめてプレイしたときは、オートセーブに対応していないことなど知らないので雑にプレイしてボスでやられてしまい、もう一度最初からとなってしまい軽く絶望してしまいました。

久々にセーブの大事さを思い知らされたゲームです。このシステムのおかげでちょっと空いた時間にプレイする・・・・というのは難しいゲームになってしまっているのは勿体無い気もします。

 

f:id:bto365:20170724161107j:plain

ゲーム自体の感想は、物語へ引き込む力もあり、サブクエストなどの楽しみもあり非常に楽しいゲームです。口コミで広がり、今なお人気を継続しているのが良くわかる作品だと思います。

できれば、過去のレプリカントとゲシュタルトもSteam展開してくれると嬉しいのですが、予算が厳しい中で作られ、いまだにバグを修正するパッチすら作られていない現状を見ると難しいのかもしれません。

しかし、これだけロングヒットを続けている作品は昨今珍しいと思います。大概のゲームはコンシューマーゲーム機でしたら3ヵ月もしたらワゴン行きというのはざらですし、PCゲームでしたらあっという間に¥3,000程度のセール価格になるゲームも多いのですから、今後のDLCや修正パッチなども頑張って欲しいと思います。

 

f:id:bto365:20170724161118j:plain

主人公キャラクターの2Bも魅力的で、サブキャラクターの9Sやオプションのように連れているポッドも良いです。映像も最近の海外ゲームとまでは行きませんが、とても美しいグラフィックだと思います。

また、TPSアクション部分も非常に楽しいのですが、アスタブリードのようなシューティングゲームも楽しく遊べております。目まぐるしくシステムが変るので、操作を覚えるのが忙しいゲームですが、難しい分慣れた際には爽快感が何倍にも膨れ上がります。

 

f:id:bto365:20170724161129j:plain

こういったゲーム性のバランスの取り方は流石プラチナゲームズだなと思いました。しかし相変わらず戦闘中に細かいムービーが挟まれるのもプラチナゲームズだなとも思いました。

プラチナゲームズのゲームが好きで、厨二病っぽいストーリーが好きな人は絶対にハマれるゲームだと思います。基本長いムービーはスキップしてしまう私が、ストーリーを飛ばさず没頭してしまいそうなゲームです。