BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

CPUのオーバークロックやゲーム中のCPU負荷の表示等ができる「MSIアフターバーナー」の使い方

f:id:bto365:20170714171600j:plain

CPUのオーバークロックなどは、敷居が高いと思われますがソフトなどを使えば簡単にできます。簡単にできるのですが、壊れてしまう場合もあるので自己責任と言えば敷居はやはり高いでしょう。

しかし自己責任であれど、オーバークロックはPCを所有する者としては浪漫のある機能の一つだと思います。CPUのオーバークロックを行うには、オーバークロックに対応したCPUを搭載していなければなりません。

www.bto365.net

MSIアフターバーナーを入手しよう

MSIアフターバーナーはMSIというメーカーホームページ(https://www.msi.com/page/afterburner)にて無料でダウンロード可能です。

ダウンロードしたら、プログラムを実行し、MSIアフターバーナーとRiva Tuner Statistics Serverをインストールしましょう。

問題なくインストールが完了すれば、MSIアフターバーナーの入手は可能です。

MSIアフターバーナーを起動しよう

通常であればアイコンがデスクトップに生成されます。生成されなければ、スタートメニュー内のプログラムから起動しましょう。アイコンをクリックするか、プログラムを開始させてください。起動画面が立ち上がります。

MSIアフターバーナーの使い方

オーバークロックをする

MSIアフターバーナーが対応するGPUとマザーボードのみで使用できます。対応していないGPUであれば、諦めてください。無料ソフトなので多くは望まないようにしましょう。

Core clockとMemory clockをちょっとずつスライダーを右側にしていきましょう。限界は画面にノイズが出だしたり、ディスプレイに異常が出るまで・・・となるので、徐々に試して具合の良いところを見つけるしかありません。

限界を超過するとCPUやメモリが壊れる原因となります。あくまで自己責任です。最初は壊れても良いようなPCで試していくと良いでしょう。そんなPCは無いという人はオーバークロックはやらない方がいいでしょう。

CPUやメモリーやGPUの負荷状態をゲーム中に投影する

f:id:bto365:20170714171627j:plain

f:id:bto365:20170714171709j:plain

今度は設定画面を開きます。設定を開くと全般、ファン、モニタリング・・・といったタブが沢山ある別ウィンドウが開きますので、モニタリングを選択します。

モニタリングしたい項目をクリックした後に、『オンスクリーンディスプレイでの表示』のチェックボックスにチェックを入れていきます。表示したい項目の分だけこの作業を行います。

GPU使用率、コアクロック、メモリクロック、メモリ使用率、フレームレート等にチェックを入れると良い目安になると思います。

 

f:id:bto365:20170714171736j:plain

更に、表示したい文字の大きさや位置などを変更したい場合はRiva Tuner Statistics Serverを表示させましょう。タスクバーの中か隠れたところに、モニターに数字の入ったアイコンがありますのでクリックすると起動します。

 

f:id:bto365:20170714171750j:plain

起動したら、On screen Display ○○の○○の項目によって文字色などが変更可能です。文字を拡大縮小する場合にはzoom、文字色を変えたいときにはpaletを、文字の表示位置を変更したいなら、表示されているモニターの60という数字を移動させるだけです。

簡単な操作でカスタマイズできるので、自分好みの位置に表示させるようにしましょう。今回MSIアフターバーナーを導入してみて、このソフトを熟知すれば自分のPCの性能を知るのに非常に役立つソフトだということがわかりました。今後使いこなしていけるようにしたいと思います。