BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

PUBGが重い!ドン勝つするためにPC負荷を軽くする設定方法

PUBGを購入したのに、負荷が高すぎてPC上でカクカクしてどうしようもない人もいらっしゃるはずです。

手っ取り早いのが、PCの買い替え、もしくはパーツの交換や増設による対応ですが、なにせお金がかかってしまいます。

ここでは、お金をかけずになんとか負荷を軽くしてPUBGの動作を軽くしたい人向けの設定を書いていきます。

PUBGでPCの負荷を軽くするために変更したい設定項目

PUBGのコンフィグで、この項目を下げると負荷が軽くなるという項目を書いていきます。

影の表示は、GPUに多くの負荷を与える項目です。低い設定にすると、GPUへの負荷は軽くなります。しかし画面が暗くなりがちです。

PCの性能によりますが、ご自分のPCにあった重くならない程度の設定を選択しましょう。低性能にして画面が暗いと感じたらモニターの明るさを上げてしまうというのも手段の一つです。

テクスチャ

グラフィックボードのVRAMを消費するので負荷のかかる設定です。こちらも下げて問題なければ、ご自分のPCの設定にあったところまで下げてしまいましょう。

美麗グラフィックを取って死ぬよりは、グラフィック描写は低くても生き残れるほうがゲームとしてはPUBG上では楽しいと思います。

効果

爆発などの演出を表示する機能です。こちらも相当PCに負荷がかかります。演出があったほうが良いに決まってますが、こちらも勝つためには低設定にせざるを得ない機能です。

バトルロワイヤル中に、カクカクしてはどうしようもないのです。涙を飲んで設定を下げましょう。

非常に低いにすると、動作も負荷も軽くなります。しかし画面クオリティは下がります。ウルトラにすると綺麗なグラフィックで楽しむことはできますが、それだけPCに負荷がかかります。

f:id:bto365:20170714164520j:plain

f:id:bto365:20170714164531j:plain

 

私のPCではウルトラでは負荷が多目ではありましたが、カクカクしてどうしようもないということはありませんでした。自分のPCにあった設定をすると良いでしょう。

f:id:bto365:20170714164540j:plain

f:id:bto365:20170714164548j:plain

距離

遠くのオブジェクトを表示する機能です。景観はそこまで重要視されないゲームなので、無駄にPCに負荷をかける必要はありません。遠慮なく低設定に切り替えて良い機能です。

iniファイルの書き換えはアリ?

上記は簡単な設定による負荷の軽減です。ネットでPUBGのiniを書き換えて負荷を軽減するという方法が出てきます。

【PUBG ini 書き換え】などで検索すると、書き換え方法が掲載されている情報が沢山出てきます。こちらで、iniの書き換えをすると改善がされる場合があるようです。

しかしPUBGの公式ツイッターによる案内で、ini書き換えによるFPSの遅延等の不具合があったら削除してくださいとアナウンスがありました。

苦労して行なったiniの書き換えで不具合になってしまうのは悲しいことです。iniの書き換えは自己責任で行ないましょう。

iniをいじって影を消すなどの処理をしてチーターの扱いをうけてアカウントを消されてしまった事例もあったようです。iniの書き換えなどいまいちわからない人は手を出さないほうが良いかもしれません。

www.bto365.net