BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

VRヘッドセットのワイヤレス化も進行中?VRの時代も進行している

VRヘッドセットの一番のネックは配線だと思います。値段も高価だという理由もありますが、配線についてはプレイする上で結構邪魔なのです。

VRヘッドセットの配線について

私は何度かVRの体験会に足を運んでいます。VRについて期待している分、色々気になる側面も見ております。

購入していないのは、その点が解消されていないからというところもあります。単純に値段が高いというのも勿論あります。

先日も体験会に足を運んで、スターウォーズのゲームは立って行なうのですが、四方八方から襲ってくる敵に対応するゲームだったのですが、プレイ後に配線が結構絡まっていたんです。

これは自宅で自由にプレイしたら、かなりの確立で配線に絡まるか、配線が絡まって抜けてしまう・・なんていう状況を想像しました。

基本的に視覚が全て塞がれてしまう状態なので、足をひっかけたら危ないということは懸念しておりましたが、かなり長めの配線を上から垂らさない限り、危険な状態なのでは?と思いました。

こういった側面は体験会では考慮されていて、PCからVRへの有線は天井から吊るされている場合がほとんどです。しかし実際の家庭でこれを行なうのは結構面倒なものだと思います。

VRヘッドセットを無線にする動きが出てきている

intelのWiGigを用いてVRヘッドセットの無線化を行なっているようです。これはVR機器の未来を切り開くために非常に重要なことだと思います。

最近ではWiGigを用いての無線化で計測された遅延は、1フレーム以下となるようなので、格闘ゲームでもしない限りは十分遊べるものになると思います。

PCを背負うタイプで対応する機器などもありましたが、重いPCを背負ったまま移動するのは、大人ならば良いですが、子供ではかなり重労働になると思います。

その点VRヘッドセット自体がワイヤレスになればそういった問題は軽減されると思います。無線化すれば日本家屋で難しいのは、VRを楽しむ上での室内の障害物の除去でしょう。

無線化が進行すれば、かなりVRも遊びやすくなります。あとは購入層の幅が広がれば、大量生産が可能になり、VR機器も安価になっていくものと思います。

VRは遊びだけでなく、色々な使い道もできそうなので、更なる進化を遂げてもらって、新たな驚きを見せてくれる機器になっていくことに期待したいです。

先日体験してきたVRカノジョはかなり凄かったので、これは無線化したら色々と捗るゲームなのでは?と思います。

www.bto365.net