BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

フリック入力がPCで使える夢のような機器が発売

キーボード入力はできないけど、フリック入力ならまかせとけという若者も多くなっていると思います。

PCでの文字入力はしたいけど、キーボード入力は煩わしいので、一度スマホでテキストを入力しているなんて話も聞いたことがあります。

所有しているスマホをPCの入力機器に

もしもいつも使っているスマホでフリック入力によってPCに文字を書けたら・・・なんて人に朗報です。

今のところAndroid OS限定ではありますが、自分のスマホをPCの入力機器にはやがわりさせる機器がいよいよ発売されます。

その名もFlickTyperです。amazonなどで購入が可能なようです。

FlickTyperの値段と機能

FlickTyperの気になる値段は¥9,980(税別)となっております。決して安い金額ではありませんが、タイピングができない人には革命的なアイテムだと思います。

どこかが出してくれるのでは?と思っておりましたが、やっと発売したか!という人も多いと思います。

対応しているのは Android 4.1(Jelly Bean)以降の端末で、USBホスト機能に対応したものとなっております。

対応している端末であればGoogle Play内のhttps://play.google.com/store/apps/details?id=com.interlab.a2017.FlickTyperよりアプリをインストールしましょう。

アプリを起動すれば、特殊キー操作とマウスポインタ操作が可能となっております。文字入力は文字入力ボタンを押すことで開始されます。

PC側の文字入力モードが日本語になっていない場合にはアルファベット入力が開始されてしまう場合があるようなので、キーボードやマウスで入力方法を変換しておきましょう。

接続方法は?

android端末からUSBへの変換器を繋ぎます。さらにそこからUSBでFlickTyperを接続、そこから更にPCとFlickTyperを接続となります。

変換ケーブルとUSBケーブル合わせて3本のケーブルが必要となります。短いケーブルを使ってもトータルのケーブルの長さはかなり長くなりそうです。

WindowsとMacに対応しているようなので、とにかくPCでの文字入力の敷居はグンと下げられそうな機器です。

キーボードが苦手でPCの購入を敬遠していた人も、このFlickTyperがあれば、かなり敷居が下がるのではないでしょうか?お値段がちょっと高価だと思いますが、今までありそうで無かった機器なので、フリック入力派には喉から手が出るほど欲しい物であると思えます。