BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Ryzen7や5の価格が下がってきた、そろそろ買い時?

AMDの新CPUであるRyzenシリーズですが、発売当初は品切れ等もあり、かなり高価な値段で売られておりました。

しかし、ゴールデンウィークにて供給が十分に成され、とうとう市場による値下げも行われるようになってきました。

Ryzen7の型番によっては¥6,000近い差異も

最安値での比較になりますが、一番大会性能を持つRyzen7 1800Xは発売当初¥60,000近い値段で、やや高価になり¥61,000以上、そして今現在は¥55,000近い値段になっております。

そして1700Xについても発売当初¥51,000程度でしたが、すぐに品不足となり¥53,000ほどとなり、今現在は¥47,000程度となっております。

これだけ安価になってくると、気になっていたひとも、かなり手が出しやすくなるのではないでしょうか?

ボーナス時期はまた値段が上がることもあります

実はパソコンのパーツは、ボーナス時期になると盛り返す場合があります。たしかに、すぐにポンッと買える値段ではないので、ボーナスが入った後購入したいと考える人は多いと思います。

しかし、だからこそ需要が高まり品不足となり、値段が上がってしまうことが懸念されるわけです。

もしも購入を考えているならば、価格をつねに調査して、ココが底値だと思うところ、そして自分が納得できる金額で購入すると良いでしょう。

出来合いのRyzen搭載のBTO製品はあまり安くない

出来合いのすでに組みあがったRyzen搭載のBTOパソコンは、こういった価格変動は適用されづらいので、すぐに安価になるわけではありません。

今購入するのでしたら、パーツ毎での購入、もしAMD製品を使用していなかったのでしたらマザーボードからの購入が必要となります。

自分でパーツからの購入をして自作をするか組立代行を依頼して注文したほうが安価になる可能性が考えられます。

ドスパラなどでもパーツから購入できるBTOショップがあるので、色々と検討してみると良いと思われます。

Intel CPUも値下がりしだしている

Ryzen発売後から、intel CPUもセールなどで安価に売られている場合があります。やはり市場の競争は大事だと気付かされます。

消費者としては、パーツが安価になる分には嬉しいところではありますので、価格競争は大いに歓迎したいところです。

需要が上がる前に、この価格が下がってきている今の時期は、PCパーツ購入の大きなチャンスだと思います。

Ryzen 7 1800X WOF