BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

ストリートファイターVをプレイするためにオススメなゲーミングPC

2016年にリリースされたストリートファイターVですが、新キャラも追加されるなど、まだまだ楽しめるゲームです。そんなストリートファイターVを快適に楽しむために必要なお勧めゲーミングPCを紹介したいと思います。

ストリートファイターVってどんなゲーム?

格闘ゲームの金字塔であり、格闘ゲームブームをおこしたストリートファイター2からのシリーズ作品です。

3DCGを採用し、演出もグレードアップした、格闘ゲームと言えばこのシリーズを思い浮かべる人がまだまだ多いと思います。

ストリートファイターVをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • CPU:Intel Core i3 4160以上
  • メモリ:6GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 670 以上

推奨動作スペック

  • CPU:Intel Core i5 4690K以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 960以上

推奨スペックを満たしプレイが可能となるゲーミングPCはミドルスペック以上のゲーミングPCとなりそうです。

スペック不足がゲーミングPCでプレイした際の弊害は?

3DCGを多用し、とにかくCGの処理速度を求められます。3DCG格闘ゲームをプレイするにあたって、グラフィックボードに力を入れるべきです。

エントリーモデルのゲーミングPCでも起動をすることは可能ですが、素早い処理ができず、また快適な動作も期待ができません。

1フレームが命とりとなる格闘ゲームで、処理の遅れや画面のチラ付きなどは致命傷です。まともな対戦がしたい、少しでも勝ちたいのでしたら、パソコン本体にも力を入れるべきです。

旧世代のGTX900番台であれば、HD画質でVRAM4GB以上のGTX960は必要です。GTX1000番台のGTX1050TiでVRAM4GBなので、安定した性能を維持したいのであればGTX1060(VRAM6GB)はあって欲しいところです。VRAM2GB程の能力ですと、最高画質設定ですとフレームレートが落ちてしまいます。

スペックを満たしたゲーミングPCでプレイした際の恩恵は?

最高画質であり、フレームレートも安定していれば、それだけ技の対処が早くなります。適切な技を適切なタイミングで繰り出すことが格闘ゲームでは一番重要なことだと思います。

GTX1080での動作を検証した参考動画を見つけました。

GTX1080を搭載したハイスペックゲーミングPCであればこその、高画質、高フレームレートの動画です。

ストリートファイターVをプレイするためにオススメのゲーミングPC

推奨環境は満たし、最低限の環境で安心してストリートファイターVをプレイしたいなら「ガレリア XT」

GPUにGTX1060(VRAM6GB)を搭載しており、CPUもCore i7-7700を搭載しております。メモリも8GB搭載しているので推奨環境も満たすこともでき、4Kや最高画質という環境ではプレイはできませんが、画質などを落とせばフレームレートも維持できるでしょう。

>> ガレリア XTの詳細はこちら

最高の状態でストリートファイターVをプレイしたいなら「ガレリア ZG」

GPUはGTX1080を搭載しており、CPUもCore i7-7700Kを搭載しております。メモリも16GB搭載しています。最高画質、最高設定でストリートファイターVを4K画質でもプレイできるハイスペックゲーミングPCです。

>> ガレリア ZGの詳細はこちら

他にもあると良いもの

格闘ゲームなので、アーケードスティックなどのジョイスティックがあるとスムーズに対戦ができるでしょう。

更に快適な対戦環境を整える必要があるので、有線LAN接続は必須だと思います。