BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

PC版VanquishをプレイするためにオススメなゲーミングPC

2017年5月26日発売、パソコン版Vanquishを快適に楽しむために必要なお勧めゲーミングPCを紹介したいと思います。

Vanquishってどんなゲーム?

2010年10月19日にPS3やXbox360向けにプラチナゲームズ開発でSEGAより発売されたTPSアクションゲームです。

移動速度の上がるブーストと神経を高ぶらせて周囲の映像をスローモーションにするARモードを駆使し敵であるロボットを倒す三人称視点のアクションゲームとなっております。

Vanquishをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • CPU:Intel Core i3 2.9 GHz以上
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:Nvidia GeForce 460 または AMD Radeon 5670以上
  • ストレージ空き容量:20GB以上

推奨動作スペック

  • CPU:Intel Core i5 3.4 GHz以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:Nvidia GeForce 660 Ti または AMD Radeon R9 270以上
  • ストレージ空き容量:20GB以上

推奨スペックを満たしたゲーミングPCとあれば、ミドルスペック以上のゲーミングPCが望ましいと思います。

スペック不足がゲーミングPCでプレイした際の弊害は?

VRAM2GB以上が求められているので、最高画質、4Kでのプレイなどを考えた場合、スペック不足のパソコンでは、折角の画質が生かされないと思います。

画質が悪く処理速度の落ちる状況で、アクションゲームを楽しむのは爽快感が無く、逆に苦痛にすら感じられます。

スペックを満たしたゲーミングPCでプレイした際の恩恵は?

同様のスペックを求められるBAYONETTAを私はミドルスペックのゲーミングPCでプレイしておりますが、高画質、高フレームレートでもプレイは非常に快適であり、過去60FPSで遊べたXbox360以上の快適なプレイが可能となります。

しかし流石に4K出力となると辛いものがあります。ハイスペックゲーミングPCともなれば、4K画質で60FPSプレイも快適にプレイ可能となります。過去のゲームを今プレイするのでしたら、この恩恵は味わっておくべきではないかと思います。

参考までに同程度のスペックが必要なプラチナゲームズ開発のBAYONETTAのプレイ動画を紹介いたします。

GTX1060(VRAM3GB)でのプレイ動画

GTX1080での4Kプレイ動画

やはり4K動画でのプレイはとても美しいと思います。ここまでの質感で遊びたいのであればハイスペックゲーミングPCが欲しいところでしょう。

VanquishをプレイするためにオススメのゲーミングPC

推奨環境を満たし、パソコンでVanquishをプレイしたいなら「ガレリア XT」

GPUにGTX1060(VRAM6GB)を搭載しており、CPUもCore i7-7700を搭載しております。メモリも8GB搭載しているので推奨環境も満たすこともでき、安定したプレイができるゲーミングPCとなっております。

>> ガレリア XTの詳細はこちら

より高い設定で最高の状態でVanquishをプレイしたいなら「ガレリア ZG」

GPUはGTX1080を搭載しており、CPUもCore i7-7700Kを搭載しております。メモリも16GB搭載しています。4K画質でプレイできるハイスペックゲーミングPCです。

>> ガレリア ZGの詳細はこちら

他にもあると良いもの

元がコンシューマーゲームで発売されたゲームなので、ゲーム用コントローラーがあると快適にプレイ可能となるでしょう。