BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

2017年にプレイしたPCゲームで面白いタイトル

2017年1月~5月も様々なPCゲームをプレイしました。その中でも面白かったPCゲームを紹介したいと思います。

2017年発売のオススメだと思ったPCゲーム

フォーオナー(For Honor)

UBIソフトが2月に発売した新規IPのアクションゲームです。今までにない操作とナイト、バイキング、侍とい3つの個性的な勢力で戦う格闘ゲーム寄りのアクションゲームです。

オススメ度としては、10点中で表すと8点です。非常に楽しいゲームなのですが、サーバーが弱く、接続がなかなかできないのが玉に瑕です。

混雑時は全く繋がらず、折角繋がったのにまた落とされ・・・なんてことも頻発します。楽しいゲームなのに週末にどっぷりがしづらいのが悲しいです。

www.bto365.net

www.bto365.net

Conan Exiles

早期アクセス中のバイオレンスサバイバルゲームです。早期アクセス中なのでバグやら何やら色々ありますが、発展途上中のゲームを楽しむということは味わい深いです。

ただし早期アクセスの割には金額的に少々高価なので、先行投資として考えての購入が必要です。オススメ度としては、10点中で表すと7点です。

www.bto365.net

PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS

ドン勝つの愛称で有名な、バトルロワイヤルゲームです。運の要素も味方につけ、更に戦略性もあり、その都度、緊張感のあるドラマティックなプレイが可能なゲームです。

ロースペックなPCでは重いのが玉に瑕ではありますが、ミドルスペック、できればハイスペックなPCがあればとても楽しめるTPS(FPSに変更も可能)なゲームです。

ある意味通常のシューティングゲームに飽きてしまった人に、プレイして欲しいゲームだと思います。中毒性はかなり高いゲームだと思いました。

www.bto365.net

NieRAutomata(ニーアオートマタ)

ロングヒットを続けるには理由がある、それは長く楽しめて飽きが来ない作り、そして何度もプレイしたくなるストーリー性です。

そのどちらも兼ね備えているからこそ、これだけ値段も下がらずにロングヒットを続けているゲームなんだと、プレイして気付かせてくれるゲームです。

低予算ながらも作りこまれたゲーム性と、独特な世界観、そして難易度が高いながらも中毒性のあるゲーム性は久々にやり甲斐があるゲームだと思います。

厨二的な要素も多いですが、魅力的なキャラクターが多く引き込まれる世界観がこのゲームには間違いなくあると思います。買って損は無いゲームです。

 

RiME

子供とでもプレイ可能な、高画質グラフィックのジブリ的な絵本のような不思議な世界観のストーリーです。

ラストは物悲しいですが、ラストに到達するまでのパズルギミックとほどほどのアクションは、遊んでいて心地が良いゲームだと思います。

値段がやや高価なのがネックではありますが、グッドエンディングを目指すなどヤリコミ要素もあるので、世界観が気に入れば十分に元は取れるゲームだと思いました。

www.bto365.net

Bayonetta

PCに満を持してリメイクされた作品です。『おま国』や『おま値』にならずに発売され、さらに4K画質、高フレームレート対応と隙が無い発売形態はまさにSEGAの革新を見られたゲームです。

今後もこの様な対応をしてくれるとSEGAファンとしては嬉しいのですが、そこは過度な期待はせずに待ちたいと思います。

ムービーが長く、QTEも多いのですが、ゲームは間違いなく面白いので、購入して損は無いゲームです。NieRAutomataと同じくプラチナゲームズが開発しているので、プラチナゲームズ好きには間違いなく楽しめるでしょう。

www.bto365.net

2017年発売では無いが、私が最近プレイしてオススメだと思ったPCゲーム

MOMODORAシリーズ全般

MOMODORAという2D横スクロールアクションゲーム全般です。2と4(月下のレクイエム)はメトロイドヴァニア風のアクションゲームとなっております。

操作して楽しく、そしてドット絵も美麗でプレイし応えのあるゲームだと思います。1と2は無料、3も安価に、4もセールがあればかなり安価に購入できてお得です。

アクションゲーム好きなら是非一度はプレイしておいて欲しい作品だと思います。

www.bto365.net

タイタンフォール2

このためにグラフィックボードを買って正に正解だったと思えるゲームでした。やり応えも見ごたえも十分な作品でした。

おまけにマルチプレイでは無料のDLCが追加されるなど、サービスも行き届いております。ロボ好きにも一風変ったFPSをプレイしたい人にもオススメできる作品だと思います。

www.bto365.net

Shantae: Half-Genie Hero

2Dアクションゲームとして完成されているデキだと思います。操作していて楽しく、ヤリコミ要素も存在します。

ちょっとミニゲーム的なステージ要素は不要かとも思いますが、そういったマイナス点を考慮しても十分遊べるゲームだと思います。

難易度がそこまで高いわけではないので、万人にもオススメできる良作アクションゲームです。

www.bto365.net

リトルナイトメア(Little Nightmares)

探索タイプのホラーアクションゲームです。主人公がアクティブではないタイプのゲームで、無力な主人公を操り部屋の仕掛けなどをもって不思議な船『ザ・モウ』からの脱出を試みるゲームです。

無力な主人公だからこそ得られる恐怖感と焦燥感がゲーム性に大きな味を持たせております。最期の最期には、こんな結末が?とド肝を抜かれました。

最期まで、疾走するようにエンディングに辿り着かせる、プレイヤーを一気に引き込むストーリーとゲーム性は特筆するものがあると思います。

ボリュームからすると、やや値段は高いゲームではありますが、クリアした際の満足感も大きいゲームです。美味しい物を食べたあとの満足感を得られたゲームでした。

クリア後も謎を含む世界観の考察などが楽しいゲームです。続編やスピンオフ展開もして欲しいと思える、余韻も楽しめるゲームです。

www.bto365.net

The Surge

まだクリアはしていないのですが、近未来系のダークソウルとして良くできたゲームだと思えます。

外部骨格を装備した主人公が、同様に外部骨格を装備した過去の同僚(ゾンビ状態で意識は無さそうです。)を倒し、狙った部位をモギ取ることができます。

装備を奪ってパワーアップし、さらにパーツなどをカスタマイズするという楽しみがあるゲームです。

敵のバラエティが少ないのですが、この敵からパーツを奪うシステムがなんとも楽しく、ついつい倒した敵をわざわざ復活させて部位強奪をしてしまいます。

メカ好きであれば、外部骨格や敵のメカなども見ているだけで楽しめると思います。非常に難易度も高いので、よくやられてしまうのですが、ついつい遊んでしまう中毒性の高いゲームです。

The Sexy Brutale

一度発売したのに、何故か『おま国』になってしまったゲームです。6月のコンシューマー版発売で、再度販売解禁を願いたいゲームです。

事件を食い止めるまで同じ日を何度もループするという、時間移動系のアドベンチャーゲームです。偶然で謎が解けてしまうこともありますが、時間軸と被害者や加害者を追うストーキングも楽しいゲームです。

各キャラクターの挙動などを見ているだけでも楽しいゲームです。早く日本でもプレイする人が増えて欲しいゲームです。

www.bto365.net

今後もPCゲームをプレイしていきます

昨年に折角グラフィックボードを購入したので、今後もPCゲームをプレイしていきどんどんレビューしたいと思います。

しかしながら、購入したPCゲームも未クリアのものが多いので、今後はクリアにも力を入れていきたいと思います。どうしてもアレもやってみたい、コレもやってみたいと目移りしてしまうんですよね。

グラフィックボードを購入したことで、非常に満足を得ており、パソコンで購入したいゲームの選択肢が増加しております。大作ゲームも良いですが、インディーズゲームも捨てがたいです。

昔はパソコンでゲームなんて・・・と思っている時期もありましたが、今ではすっかりとゲーミングPCは手放せないものとなりました。