読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

背負えるVR対応パソコンが30万円を切る価格で登場!

VRを体感する上で問題点となる配線問題を解決し、スマートなVR体験ができるということで、背負えるVR対応パソコンがMSIやZOATECから発売されておりました。

なんと、今度はBTOメーカードスパラから、30万円を切る価格で背負えるVR対応パソコンが発売となりました。

その名もガレリア VR WEAR登場

ドスパラから発売される背負えるVR対応パソコン『ガレリア VR WEAR』はどれほどのスペックを持っているのでしょうか?

まず搭載しているCPUはIntel Core i7-6700HQです。性能面で言うとCore i5-6500を超える程度の性能を持ち合わせております。

そしてメモリは16GBを搭載しております。VR体験するに足りうるメモリ容量だと思います。肝心のGPUはGTX1070を搭載しております。GTX1080ではありませんが、VR体験をするに足りうる性能を持っています。

ストレージ容量はSSD128GBを2基搭載しているようです。対応ゲームを沢山入れてしまったらすぐに塞がってしまう容量かと思います。ここはちょっと辛いところですね。

価格は税込み\298,058と30万円を切る価格です。背負えるVRパソコンの中では、かなり手が出しやすい価格と言えます。

使い勝手は良いのか?

正直30万円は、まだまだ庶民には手が届きづらい価格です。なにせ、この価格にプラスしてhtc ViveやOculus Riftを購入するとなれば40万円近くとなってしまいます。

使い勝手が良くなければ、きっとホコリを被ってしまう物になってしまいそうです。まず一番大事なのは重量だと思います。重量を調べてみたところ3kgとなっております。

3kgであれば背負うものとしては、なんとかイケル重さかもしれません。他の類似商品は4kgを超えるものも多く、毎回遊ぶためにお米の袋を背負っていると思うと憂鬱になります。(足腰は鍛えられそうですが)

結局は買いなのか?

30万円あるとハイエンドゲーミングPCに手が届いてしまうという値段ではあるので、完全にこういった趣向のものが欲しい人向けです。

しかし、重量も軽くなり値段も大分抑えられてきたことから、欲しい人には待ってましたとなるものだとも思えます。あとは、VRを被ったまま歩き回るわけなので、身の回り安全性だけはしっかりと確保することだけが重要だと思います。

転んでしまって折角のVR WEARを壊してしまったり、怪我をしたりしないように注意したいものです。MR技術が進んで、現実世界とシンクロするような演出になれば、この背負えるパソコンも、もっと意味を成すのではないかと思います。

www.bto365.net

これからの技術進歩を体感することができる物としては、先行投資として面白そうではあります。