読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

ベゼスタが作るカードゲーム「The Elder Scrolls Legends」プレイ感想

f:id:bto365:20170412194628j:plain

The Elder ScrollsシリーズのカードゲームThe Elder Scrolls: Legendsをプレイしてみました。

The Elder Scrolls: Legendsってどんなゲーム?

The Elder Scrollsのカードゲームで日本語には対応しておりません。ハーフストーンやシャドウバースのようなカードゲーム好きには楽しめる内容です。

The Elder Scrolls: Legendsをプレイするには?

公式サイトにて、メールアドレスとパスワードを登録し、ベゼスダネットランチャーをダウンロードする。

ベゼスダネットランチャーの中にあるThe Elder Scrolls Legendsをインストールできれば無料でプレイ可能です。

動作環境は Intel Pentium以上、メモリは2GB以上、GPUはVRAM256MB以上、ストレージは3GB以上の空き容量が必要です。

The Elder Scrolls: Legendsの良いところ、悪いところ

The Elder Scrolls: Legendsの良いところ

  • 美しいグラフィック
  • 充実したチュートリアル
  • 英語がわからなくても楽しめる

The Elder Scrolls: Legendsの悪いところ

  • エフェクトはやや大人しめ
  • ネット環境によってはローディングが長い

総合感想

f:id:bto365:20170412194636j:plain

The Elder Scrollsシリーズのカードゲームです。流石のベゼスタなのでグラフィックは綺麗です。

カードゲームとしては、ハーフストーンやシャドウバースのルールが理解できれば問題なくプレイできる内容です。

チュートリアルも充実しております。英語がわからなくても見ていればだいたい理解できると思います。

カードを置く場所が2つに分断されていて、左右どちらかにクリーチャーカードを4枚ずつ置けるようになり、基本的に別のフィールドには攻撃できないという駆け引き要素があります。

 

f:id:bto365:20170412194647j:plain

最終的にプレイヤーキャラの体力をゼロにした方が勝ちというオーソドックスなルールです。クリーチャー以外にもアイテムカードやアクションカードがあります。

アイテムでクリーチャーをパワーアップし、アクションカードで呪文などを放つことができます。駆け引きもあり、更に進行もスムーズかつスピーディなので、プレイしていて快適に遊べるカードゲームでした。

しかし、目新しさが無いと言えば目新しさは無いので、The Elder Scrollsの世界に思い入れが無ければ、他のカードゲームでも良いと言えば良いとおもいます。

これが初めてのカードゲームということであれば、かなりハマれるゲームであるとも言えます。カードゲーム好きにも安定して楽しめるゲームにはなっていると思います。

ステージ途中にあるムービーなどは演出として派手なのですが、カードゲーム対戦中のエフェクトについては、やや地味かとも思います。

もうちょっとバリエーションに富んでいて効果音も派手でしたら、日本人好みかな?と思えるカードゲームだと思いました。