読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

The Elder Scrolls V SkyrimをプレイするためおすすめのゲーミングPC

オープンワールドRPGの決定版、オープンワールドと言えば、まずこのゲームを思い浮かべる人も多い筈です。

The Elder Scrolls V Skyrimってどんなゲーム?

The Elder Scrollsシリーズでスカイリムという世界を舞台に、プレイヤーは様々な生き方を自由に楽しむことができます。

コンシューマー版よりも多彩なMODなどを入れて楽しむことができるPC版を余すことなく、快適に楽しむために必要なお勧めゲーミングPCを紹介したいと思います。

最低動作スペックであればローエンドゲーミングPCでプレイだけなら可能だと思います。しかしながらMODを入れて楽しむのであればミドルクラスのゲーミングPCは必要になります。。

The Elder Scrolls V Skyrimをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • CPU: Dual Core 2.0GH以上
  • メモリ:2GB以上
  • GPU:VRAM512MB以上搭載のGPU
  • ストレージ空き容量:6GB以上

推奨動作スペック

  • CPU:Quad core以上
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:VRAM1GB以上搭載のGPU
  • ストレージ空き容量:6GB以上

The Elder Scrolls V SkyrimをプレイするためにオススメのゲーミングPC

LEVEL-C122-P-LN(https://www.pc-koubou.jp/products/detail.php?product_id=587597

GPUはGTX1050(VRAM2GB)を搭載しております。CPUもPentium G4560を搭載、メモリも8GBを搭載しております。推奨動作環境は満たしているレベルのローエンドゲーミングPCです。

最近のゲームをプレイするのは辛いですがThe Elder Scrolls V Skyrimをプレイする環境を得るということであれば十分だと思います。

さてローエンドゲーミングPCの紹介をしましたが、実はこのThe Elder Scrolls V SkyrimにはSkyrim Special Editionというバージョンがあり、4Kに完全対応したテクスチャパックが適用されており、よりクオリティの高い画質で楽しむことが可能です。

そんなSkyrim Special Editionを動作するために必要なパソコンのスペックはというと

Skyrim Special Edition最低動作スペック

  • CPU:Intel Core i5-750以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GTX 470 1GB以上
  • ストレージ空き容量:12GB以上

Skyrim Special Edition推奨動作スペック

  • CPU:Intel Core i5 2400以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GTX 780 3GB以上
  • ストレージ空き容量:12GB以上

一気に要求されるスペックが上がってしまいました。ここからはSkyrim Special Editionすら楽しめるオススメのゲーミングPCを紹介したいと思います。

ガレリア XT

GPUにGTX1060(VRAM6GB)を搭載しており、CPUもCore i7-7700を搭載しております。メモリも8GB搭載しているのでSkyrim Special Editionの推奨環境を十分以上に満たしております。

>> ガレリア XTの詳細はこちら

ガレリア ZG

GPUはGTX1080を搭載しており、CPUもCore i7-7700Kを搭載しております。メモリも16GB搭載しています。MODを入れまくって4K画質でも遊べるゲーミングPCとなっております。

>> ガレリア ZGの詳細はこちら

Skyrim Special Editionは、2011年に発売され5年以上も経過しているゲームですが、長期間楽しめて愛されているゲームです。

長期間楽しめるゲームであれば、ゲーミングPCにかけたコストもそれだけ元が取れるというものです。良いゲーミングPCを購入すればそれだけ得られる満足も多くなると思います。