読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Riftが値下げを発表!!VRが少し買いやすくなってきた

この度、VRデバイスであるOculus Riftの値下げが発表されました。

内容としては、Oculus Rift本体を100$値下げし、更に専用のコントローラーであるOculus Touchも100$値下げとなります。セットで考えると200$も値下げとなります。

これによってOculus Rift本体は499$となり、Oculus Touchは99$になります。あわせて598$です。日本円にするとおおよそ7万7千円近くになってしまいます。

10万円近くで販売していたVRデバイスであるOculus Riftが、ここにきて一気に値下げされるとは、VRが気になっていた人には朗報です。

しかし、すでに10万円近くで購入してしまった人には涙目な報告ではあると思います。しかしRiftが普及しないことにはコンテンツの充実も計れないと思いますので、英断なのではないでしょうか?

Viveなどの器機はどうなる?

Oculus Riftの値下げとなれば対抗馬となるhtc Viveの値下げのほうも気になります。いまのところ値下げの報告は無いのですが、パソコン工房にてセット販売のノートPCなどが売り出されております。

LEVEL-15FX092-i7-RNE-HVR

ViveとVRに対応できるノートPCのセットで25万円近い値段となっております。これからパソコンが欲しかった人には良いですが、ゲーミングPCを所持している人間からするとあまり関係が無い気はします。

>> LEVEL-15FX092-i7-RNE-HVRの詳細はこちら

できれば、ここから価格競争が更に過熱して、PSVRに迫る価格にまで落ちてくれたら、出荷を絞っているか生産が追いついていないのか不明なPSVRも慌ててVR市場が活性化するのではないかな、と思います。

どうしても10万円では手が届きませんし、手が届きやすいはずの価格であるPSVRは品薄という、VR市場にとっては悪循環しか見えない状況です。

私もVRには期待してはいるので、是非これを機に市場活性化してもらえたらと思います。

VR元年の翌年となったので

そろそろ、VR対応のゲームなどもこれから市場に出てくるのではないかと思います。Riftには専用のFPS『Robo Recall』(https://www.unrealengine.com/ja/blog/robo-recall-released-for-free)が発売されるとアナウンスがあったようです。

このRobo Recallというゲーム、なんと無料配信だそうです。こんだけクオリティの高そうなゲームが遊べるだけでもOculus Riftを買う価値はありそうです。

私も今年中には購入を考えたいと思いますが、本年末までにはもっと市場が活性化していて、思わず『ナンダコリャ!スゲェ!』って叫びたくなるゲーム展開がされていることを祈っております。