読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

PCゲーム「この素晴らしい世界に祝福を!in the life」プレイ感想

ゲーム

f:id:bto365:20170303202518p:plain

この素晴らしき世界に祝福を!のブルーレイDISC第1巻の限定版に付属している『この素晴らしい世界に祝福を!in the life』をプレイしてみました。

この素晴らしい世界に祝福を!in the lifeってどんなゲーム?

RPGツクールにて『この素晴らしい世界に祝福を!』の世界を再現したゲームです。あのキャラクターをゲームキャラとして操作することが可能です。

この素晴らしい世界に祝福を!in the lifeをプレイするには?

動作環境はCPUはIntelR PentiumR4 2.0GHz相当以上、メモリは512MB以上、GPUはDirectXをWindowsXP以降に標準搭載していれば問題ないようです。

一番のネックはゲームだけをプレイしたくとも、あくまで特典DiscなのでブルーレイかDVD本編を購入する必要があります。

この素晴らしい世界に祝福を!in the lifeの良いところ、悪いところ

この素晴らしい世界に祝福を!in the lifeの良いところ

  • 原作の世界を見事に再現した展開に思わずニヤけます
  • より原作やアニメを楽しむことができます

この素晴らしい世界に祝福を!in the lifeの悪いところ

  • 再現しすぎたキャラクターバランスなので通常の野良戦闘は辛いです。
  • 解像度が低いので、画面が小さく見づらいです

総合感想

f:id:bto365:20170303202530p:plain

原作ライトノベルもアニメも大人気のこの素晴らしい世界に祝福を!の世界をRPGツクールで再現した作品となっております。

あの独特なノリもそのままにRPGツクールに入れ込みましたという感じで、原作やアニメが好きな人でしたらすんなり入っていけると思います。

 

f:id:bto365:20170303202543p:plain

実際のRPGで、あのパーティメンバーだったらどうなるのか?というのが理解できるので、この素晴らしい世界に祝福を!が好きな人であれば楽しめると思います。

パーティメンバーとして、RPG上でも、それぞれの性質が良く生かされていると思います。主人公サトウカズマだけはターン中に2回行動ができるという、ちょっとだけ性能がアップしていると思いますが、正直このバランスが無いと普通にGAMEOVERになります。

 

f:id:bto365:20170303202553p:plain

そしてカズマ以外は基本的にフルオートで勝手に行動します。女神アクアは回復と打撃とターンアンデットを行いますが、かなり適当にしか動きません。

回復が必要なときに回復を行わなかったり、アンデットでもない敵にターンアンデットを使い1ダメージを与えるなどと、非常に使い勝手がよくないです。

カズマが復活できない状態になるとGAMEOVERになってしまうのですが、復活魔法であるリザレクションも2回は使えないMP消費量なので、アクアを頼りにするのは危険です。

カズマの敵から受けるダメージ数がカズマのHPの半分以上だったら危険と判断して、逃げてしまうのが吉でしょう。

 

f:id:bto365:20170303202603p:plain

次は、めぐみんですが、原作通り爆裂魔法しか使いません。しかも一発撃つとHPは1にMPも全部なくなります。そのかわり与えるダメージは敵全体に1万以上と非常に強いです。

しかしながら、詠唱に数ターンかかり、スタンなどを食らうと詠唱が止まってしまいます。しかし雑魚敵だろうとなんだろうと、ぶっ放そうとするので危険と言えば危険です。

クエストでは重宝しますが、正直レベリングなどで何度も雑魚敵と戦闘を重ねるには不向きな性能です。

最後にダクネスですが、攻撃は当たらず、敵の攻撃を頼んでもないのに率先して受けていきます。敵の全体攻撃も全部食らってくれるので、すぐに瀕死に近い状態になります。

アクアが回復魔法を唱えなかった場合かなり危険な状態になります。

そんな4人でクエストをこなし、ゆくゆくは魔王軍の幹部と戦うようになるわけです。通常の状態から、かなりの縛りプレイという仕様なので、歯応えのあるRPG好きにも訴求力があると思います。

 

このゲームのためにブルーレイを買った私ですが(アニメは録画済みのため)資料集や副音声によるコメンタリーも付いてて結構満足度が高いと思いました。

まだ、クリアまでは行ってませんが、アニメのドタバタを想像しながら楽しめるRPGだと思います。

今度の2期のブルーレイディスク第一巻にはロックマンテイストなゲームが特典に付くようなので、そちらも楽しみです。