BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

GHOST RECON WILDLANDS(ゴーストリコンワイルドランズ)オープンβ プレイ感想

f:id:bto365:20170303201155j:plain

2月23日~2月27日まで行われましたGHOST RECON WILDLANDS(ゴーストリコンワイルドランズ)オープンβをプレイしてみました。

GHOST RECON WILDLANDS(ゴーストリコンワイルドランズ)オープンβをプレイするには?

PCの必須環境は、CPUはCore i5-2400S 2.5GHz以上、メモリは6GB以上、GPUはGeForce GTX970またはGTX1060以上となっております。

推奨環境ですが、CPUはCore i7- 3770 3.5GHz以上、メモリは8GB以上、GPUはGeForce GTX970またはGTX1060以上となっております。

www.bto365.net

オープンβテストをプレイしての感想

f:id:bto365:20170303201206j:plain

まず、オープンβでしたので、クラッシュが多かったです。立ち上がりにクラッシュ、キャラクター作成中にクラッシュ、ゲームを開始していてクラッシュ、クラッシュ報告しまくりました。

製品版では、どうかこういったことのないようにしていただきたいですね。とりあえずプレイはなんとかできたので良いのですがちょっと不安が募ります。

 

f:id:bto365:20170303201215j:plain

ゲーム自体はオープンワールド中に好きな用に動け、敵を見つけながら倒していきます。街にある車も乗り放題、バイクも乗り放題、ヘリコプターだって乗り放題です。道行く車を奪うこともできます。

基本的にオンラインにてマッチングする仕様になっており、いきなり全く知らない方とプレイすることになりましたが、すんなり楽しむことができました。

マッチングプレイはいつでも抜けることも可能でしたし、いつでも入れる仕様です。かなり気軽な仕様となっております。しかし、どうせならフレンドとプレイしたら楽しそうです。

 

f:id:bto365:20170303201225j:plain

マップが広いので、探索しているだけでも楽しいのですが、結構敵がそこかしこに点在していていきなり撃たれることもあります。気を抜いてると結構死んでしまいます。

また、調子にのってバイクなどで崖を走っていると、いきなり転倒してこれまた死んでしまうこともあります。リトライはMAPのどこかにいるCPUのキャラクターを使用してリスボーンするような形のようです。

操作はTPSをプレイしている人ならば大体お馴染みの操作なので、これといって苦も無く入れると思います。

ベンチマークも行えたのであわせて行ってみました

ゲーム中にベンチマーク計測もあったので、高設定にして、計測してみました。私のGTX1060(6GB)のスコアでは、高設定ではFPSがMAX54.22しか出ませんでした。残念なことです。

最高設定やウルトラ設定で遊びたい人は、GTX1080を購入した方が良いと思われます。やはりこういったゲームではGPUが大切なのだなと感じました。

www.bto365.net

しかし、ゲーム上ではそのまま高設定でプレイしましたが、カクつくようなこともなくプレイできました。ヌルヌルではないですが、プレイには支障が無かったと思います。

対戦などでしたらこの数値では不満が残るかもしれませんが、対CPU程度でしたら問題は無いのかなと思えました。

最後に

f:id:bto365:20170303201243j:plain

FPSやTPSは苦手な部類なのですが、それなりに楽しく遊ぶことができました。フォーオナーをプレイ中ですので、私は製品版を買いませんが、手が空いたら手を出してみたいゲームではあります。

バイクの操作も楽しかったですが、私はヘリコプターを奪って無双するのはちょっと楽しかったです。