BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

早期発売ゲームもプレイできるのでゲーミングPCを持っていて良かった

ゲーム好きなら、どんなゲームもいち早くプレイしたいと思います。

過去はファミコン、スーパーファミコン、プレイステーション等に代表されましたコンシューマーゲーム機で発売されていたゲームも最近では多数のプラットフォームに対応するようになっております。最近はパソコンでも同時発売されるゲームも増加しております。

パソコンは更に開発中のアーリーアクセスなどもある

日本国内のゲームはまだまだそういったことは少ないのですが、海外のゲームですとオンラインゲームであったαテスターやβテスターのように開発中のゲームをプレイするアーリーアクセスといったゲームも少なくありません。

Steamなどでは定期的にそういったゲームを見かけることがあり、まだまだ開発途中の不完全なゲームも遊べます。少しでも良いゲームを開発段階から触れるのはとても嬉しいです。

未完成だが十分に面白い!CrossCodeプレイ感想

また、発売日がコンシューマーゲーム機よりも早い場合も多くあり、これも嬉しいところが多いです。

Xbox Oneよりも発売が早いConan Exiles(http://store.steampowered.com/app/440900)というゲームもあります。

国内販売のゲームでは稀なのですが、私の好きな極限脱出シリーズ『極限脱出 9時間9人9の扉』と『極限脱出ADV 善人シボウデス』のバンドルであるZero Escape: The Nonary Games(http://store.steampowered.com/app/477740/)がSteamにてコンシューマーゲーム機よりも先行販売されるようです。

こういう時は本当に『ゲーミングPCを所持していて良かった!』と思ってしまいます。ゲーム好きであれば、全てのゲーム機を所持していれば良いのですが最近では据え置きのコンシューマーゲーム機は電源を入れることすら億劫になりだしているので、パソコンでプレイできるのは非常にありがたいのです。

パソコンであればソフトのセールも多い

早期販売ですと、基本的に安価なことが多いです。パッケージ売りが少ないので、コンシューマーゲーム機と違い後で売れないというデメリットはありますが、それを見越してかパッケージ分通常のゲームよりも安価であると思えます。

日本国産のゲームはあまり値下がりしないのが手痛いですが、海外のゲームは頻繁にセールをしている印象です。ここもゲーミングPCを所持していてのメリットだと思っております。

ゲーミングPCのデメリットなどはあるか?

これはデメリットと言えるのは、数年経過したゲーミングPCですと、折角購入したゲームが起動しないなどということも起こりえます。

コンシューマーゲーム機は絶対そのハードで動作することが約束されております。しかしゲーミングPCの場合は自己責任です。(販売ルーツによっては数時間以内なら返金対応をとってくれるダウンロード販売サイトなどもありますが)

それさえ乗り越えてしまえば、ゲーミングPCでのゲームライフはかなり快適だと思いますし、現状マルチプラットフォームのゲームはパソコン版優先で購入しております。

とくにネタバレが怖いゲームほど早期にプレイしたいですから、ゲームの早期購入が可能なことがあるパソコンゲームをプレイするためにゲーマーは一台はゲーミングPCを所持していたほうが良いのではないかな、と思いますし、実際感じております。