BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

タンク式インクプリンターはプリンターの未来を変えることができるか?

以前記事にもしましたのですが、プリンターは今後不要なものになってくる可能性があるのでは?と私は思っております。

www.bto365.net

なにせ、今のプリンターのインクは高くていけません。プリンター本体が2万円程度なのに、純正のインク代がだいたい5千円近くして高くついてしまいます。

純正のインクが高価なので、安価な100均のインクや、エコインクなどを使って安くすませた場合、詰まったり故障したりした場合は当然保証の対象にはならないのです。

インク代という大問題をやっとプリンター製作会社が認識した。

非常に遅いですが、インク代かかりすぎ!という問題に、やっとこプリンター製造会社も気づいてくれたようです。

EPSONのEP-M570T(http://www.epson.jp/products/ecotank/epm570t/)というモデルは、インクをタンク式にして、大容量のインクを貯蔵しておけます。

大容量のボトルはどれくらいのインクが入るのか?ということですが、公式で2年間はインクボトルの追加購入が不要とうたわれております。(あくまで標準家庭での印刷としてだと思います。)

もし換えのインクボトルが必要になった場合もボトルの価格は通常のインクジェットプリンターのカートリッジ並みの価格で販売されているようです。

インク代が解消されても、本体がお高いんでしょう?

なんだか深夜の電話通販みたいなノリになってきてしまいましたが、インクの問題が解消されても本体が高かったら意味がありません。

いまのとこころ本体代は4万円近辺なようです。2年間のインク代を含めて考えれば妥当な値段くらいなので、もうちょっと本体が安価になると良いと思います。

結局年に数回しか使わない、年賀状の時期だけに活躍するようなプリンターでしたら、以前も記述したとおり、コンビニプリントなどで十分だと思えます。

私は、撮影した写真を印刷するので、このプリンターならお得になる可能性もありますが、通常家庭で、印刷もろくにしなかったら、まだまだ不要だと思えます。

プリンターの未来を変えることができるかは、もうちょっと安価になってインクの耐用年数が増加したらだと思います。

タンクのインクが3年使用できて、本体価格が3万円くらいになったら消費者としてはお得なものになるのでは?と身勝手な消費者としては感じてしまいます。

私はまだ以前より使っているプリンターが壊れてはいないので、買い替えませんが、買い換える時期には、そういった大容量のタンク式インクプリンターが発売されていたら嬉しいです。