読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

のすたるじっくガールズオープンβ版 プレイ感想

ゲーム

先日11月24日にオープンβプレイを開始した、ブラウザゲームのすたるじっくガールズ(http://nosugaru.vector.co.jp/)をプレイした感想です。

すたるじっくガールズってどんなゲーム?

『わくわくが見つかる、シミュレーションRPG』とうたわれております。登場するキャラクターが文房具や身近な遊具やお菓子や食物など『子供の頃に学校生活で触れた懐かしいもの』が擬人化、美少女化され(のすガルと呼ばれるキャラ)ております。

まさにノスタルジック(故郷、遠い昔を思い出したり、懐かしんだりする)な雰囲気を味わえる、シミュレーションRPGとなっています。

シミュレーションRPGということですが、戦闘方法が独特で、配置したキャラクターが移動しつつ、近接攻撃や遠距離攻撃を行い、敵を倒します。

のすガルの能力を考慮しつつ、配置をしっかり考えていくと、バトルを楽しめるシステムになっています。

のすたるじっくガールズの良いところ、悪いところ

のすたるじっくガールズの良いところ

  • キャラクターがかわいい
  • バトルシステムが独特で面白い
  • 対戦などのオンライン要素もある

のすたるじっくガールズの悪いところ

  • 戦闘の見た目がややこじんまりしている。

総合感想

独特な戦闘システムなため、しっかりと考えないと、敵にやられてしまうこともあるため、適度な緊張感を持ってゲームに臨めます。

しかし、ある程度強いキャラクターを手に入れて、自動戦闘を選択してしまうと、作業感が一気に増してしまうので、しっかりゲームをしたい人には自動戦闘はオススメしません。

美少女キャラのコレクトなどが楽しみたい人は、自動戦闘を使えば、勝手に戦ってくれるので、そちらに集中したい人は、自動戦闘を使っても良いと思います。

また、オンライン対戦や協力プレイなどの要素もあるので、ストーリーモードに飽きても、オンライン要素で楽しめるものとなっています。

ゲームとしては、遊び甲斐があって楽しかったです。チュートリアルがスキップできなかったので、そこがちょっと面倒だと感じました。

敵キャラも可愛いので、ちょっと敵を討伐するのに抵抗がありますが、残酷なエフェクトがあるわけではないので、そこは良いかもしれません。

しかし、残酷なエフェクトもなければ、派手なエフェクトも無いので、バトル中はちょっと地味な印象があります。もうちょっと戦闘に視覚的なメリハリがあったら良かったと思います。

システムが独特なので、そこがハマればかなり楽しめるゲームだと思いました。キャラクターも可愛いので、見た目も好きな人はもっとハマれそうだと思います。