読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

HDDから異音・・・故障の前に、また故障してしまった際の対処方法

パーツ

最近はSSDが主流ですが、まだまだ大きなデータの保存にはHDDが有用です。

しかし、HDDで怖いのが、異音がしだしてから故障となることです。運が悪いと異音もせずにHDDが動かなくなることがあります。

HDDから異音がした際の対処方法

いつもと違う、カリカリ音ではなく、ガチガチやカッチカッチなどの音がする。更に、ギギギギやガガガなど、同考えても擦り切れているような音がした場合は、内部が破損している場合も考えられます。こちらもすぐに電源を切りましょう。

HDDから異音がした場合、あわてず。メーカーに持ち込むか、自力での修理を選択しましょう。

無理に何度も起動すると、完全にHDDが破損してしまう可能性があります。無理な起動はやめましょう。私も一度それでHDDを壊したことがあります。

メーカーに送るのが一番、自前修理は自己都合です。

保証があるのなら、メーカーに送るのが一番です。しかし、データが全て元に戻るとは限りません。メーカー修理などですとデータは全て抹消という話になるか、データーは完全に復旧しないという話になると思われます。

これは、データを全て復旧できるとしてしまうと、メーカー側のリスクが大きすぎるからです。

そして自己責任になりますが、自前で修理するというやり方もあります。かなりリスクをともないますので、やる人は心してかかってください。

HDDの自己修理の方法

まずHDDの状態を確認します。HDDをパソコンから抜き出し、USB接続またはSATA接続などで、別のパソコンで壊れそうなHDDの状態を確認します。

壊れたHDDを別のパソコンで認識できる場合は、ソフト上の異常です。これは復旧ソフトなどで、復旧作業が可能となります。

別のパソコンで全くHDDを認識しなくなった場合は、ハード面で異常があったと言えます。異音まですると、大体このハード面の異常だと思います。

ハード面の異常の場合は、まずHDD内部を確認します。ドライバーなどで、HDDを開封し目に見えて異常があれば、その部分を修復します。

この際に、ディスクに傷がついているなど、素人では復旧できない状態であれば、やはりメーカーに修理をお願いするしかありません。

ディスクの脱落や、モーターが回らないという部品の異常であれば、同じ型のHDDを準備し、その部品だけを交換するという奥の手が使えます。

あくまで自己責任になってしまいますが、大事なデータを復旧させる手立ての一つであると思えば、試してみる価値はある方法だと思います。

以前バックアップはとても大事!データの復旧費用ってどれくらいかかってしまうの?でも書いておりますが、HDDのデータ復旧料金は大変高額です。

最近は単位がTBという大きな単位のHDDが主流となっております。こんなデータ量のHDDの復旧は下手したら数十万~数百万円になりかねません。

常にこまめなバックアップ、そして異音がしたら、すぐに対策をするように心がけてください。