読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

タブレットとペンの相性は?アップルペンシルとSurfaceペンそれぞれ触ってみた感想

最近タブレットやタブレットPCにペンが付随することが大きくなってきました。確かにタブレットは液晶が大きく、接触面が大きいので、スマートフォンとちがって文字や絵などが書きやすいです。

しかし、気になるのがその操作性です。高いお金を出して購入しても、結局効果を得られなければ仕方がありません。

ということで、アップルペンシルと、Surfaceペンを触ってきてみました。

アップルペンシルのさわり心地

アップルペンシル+ipad proという組み合わせで触ってきました。

触ってきた感想はといえばとても良好です。非常に細い線から、太い線でもスラスラと描けるという感じでした。

これは最初から搭載しているメモアプリのようなもので描いただけの感想なんですが、軽快な書き心地で、まさにサラサラとという言葉がしっくりきます。

紙と同じような使い心地が得られます。メモアプリ上で、定規なども使えて直線も簡単にひくことができます。直感で操作できる感じがさすがアップルだと思いました。

>> アップルペンシル

Surfaceペン

ペンのさわり心地は、アップルペンシルと違い、ペン先がフカフカとした印象です。ペン先は変更可能で、硬さ(鉛筆のようにB~2Hなど)も選択できます。

筆圧感知で、線が太くなったり細くなったりするので、昔からあるペンタブレット感覚で使用できるので、昔ながらのペンタブでCGを描いていた人には、こちらのほうがわかりやすいかもしれません。

Surface4とSurface Bookとありますが、Surface Bookの方が、アドビのsRGBに対応していて、発色が素晴らしかったので、色に拘るひとはSurface Bookがオススメかもしれません。

>> Surfaceペン

総合評価

どちらも一長一短あるさわり心地でした、アップルペンシルは紙寄り、Surfaceペンはペンタブレット寄りのさわり心地でした。紙に慣れている人はアップルペンシル、ペンタブレットに慣れている人はSurfaceペンかな、と思いました。

アップルペンシルは一万円超え、Surfaceペンは一万円未満なので、コスパ的にはSurfaceペンでしょうか?しかし、本体はSurfaceのほうが高いですから、なんとも言えません。

私が選ぶとすれば、出先で簡単に絵を描き、メモ書きするのならばiPad Pro+アップルペンシルが良いです。しかしビジネスとして持ち歩くのでしたらSurfaceが良いかな?と思います。重量的にはSurface Bookはちょっと重いかな?と感じました。

しかし、Surface Bookは発色が凄く良いので、絵を描く人には、魅力的だと思います。ペンのさわり心地は、私はペンタブレットを使っていたのでSurfaceペンの方が気持ちよく描けました。