読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

大事なデータのバックアップはHDD、SSD、クラウドどれに保存するのが正解?

雑多

パソコンを扱っている上で、データ保存とバックアップは切っても切れない状況です。

大事なデータがいつ消えるかわからない危険性を抱えているのは、どの人も同じです。

その危険性を無くすためにデータのバックアップを常日頃からとっておくことは重要な事です。

データのバックアップはどの保存形態が確実?

大事なデータのバックアップですが、どの保存形態が一番安心できるでしょうか?それぞれのデータ保存形式について調べてみました。

HDDへの保存

今現状一番メジャーな保存方法だと思います。しかしながら、HDDは壊れやすいという特性もあります。

HDD内の回転盤が動かなくなってしまった。磁気異常でデータ破損してしまった。なんてことも急に起こりえます。

www.bto365.net

SDDへの保存

最近安価になってきたSSDへの保存です。衝撃にも強くデータの読み書きについても快適に行えます。

弱点としては、書き込みと読み込み回数の制限がある。と言われているところです。早々限界は来ないかもしれませんが、不安要素があるということだけは理解しておきたいです。

古い粗悪なSSDですと、データがいきなり消えているなんてこともあるようですが、今現在はよほどのハズレを掴まなければ大丈夫だと思います。

www.bto365.net

クラウドサービスでの保存

最近流行のクラウドデータサービスです。安価なものは月1200円で1TBレンタルなどもあるようです。

有名どころであれば、サービスが停止してしまって、データがお釈迦になんてことは早々無いと思いますが、データを他人に預けているということで、データ流出などが心配です。

光学ディスク(CD、DVD、BDなど)での保存

こちらも一昔前に流行った方法です。意外に温度変化に弱く、劣化しやすいので、あまりオススメはしません。

CDやDVDで保存していたデータですが、一部劣化により読み込めなくなったり。私の場合安いCD-Rなどですと、結構破損している状況もありました。

USBメモリやSDカードなどでの保存

最近こちらも安価になってきているので、小さなデータでしたら。十分にバックアップ方法に成り得る方法です。

小さいので物理的に紛失する。壊れてしまう。というところが心配要素だとおもいます。

結局どの方法でのバックアップが有効なのか?

私がオススメしたいのは、HDD2台以上+αのバックアップ方法です。クラウドサービスは、外部に漏れても良いデータでないと個人的にクラウドサービスで保存は安心できません。

バックアップデータは外付けHDDかSSDで、一定周期でバックアップしつつ、パソコンと直接接続する機会は少なめにすると良いと思います。

パソコンからの異常電圧(電流)などで破損する。そういった可能性もあります。

色々な懸念点をクリアしつつ、バックアップは二重にも三重にも行っていくのが最善であり、オススメの方法であります。