読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

パソコンの心臓である電源ユニットはどんなものを買えば良い?

パソコンの全てのパーツに電気を送る、電源ユニット、パソコンの大事な心臓部です。

最近は安物の電源を使っていて、パソコンが壊れてしまったということは少ないですが、できることなら高品質で省エネ対策ができているものを購入したいです。

現在どこの家電量販店やBTOショップで購入できるパソコンも電源の品質は良くなっており、80PLUS認証がついているものがほとんどだと思います。

逆についていないものを扱っている方が少ないのではないでしょうか?

どんな電源ユニットを購入するのが良い?

80PLUS認証がついていて、さらにその80PLUS認証のクラスがプラチナやゴールドでしたら、効率も良いので、長い目で見ればオススメです。

GPUを扱うような、3DCGを扱うゲームは、GPUの消費電力が高いので、それだけで電気量が上がります。そうなると効率の良い電源ユニットが、長期的に見てコストパフォーマンスが良いでしょう。

大容量の電源でも随時その電力を使いっぱなしというわけではないので、大容量で80PLUS認証のクラスが上位のものを購入するのが良いでしょう。

オススメの電源ユニットは?

80PLUS認証のクラスや、機能の違いで値段も様々です。今私が購入するならば、コレだなというものをピックアップしてみます。

RM650x CP-9020091-JP

80PLUS認証クラスはゴールドです。650Wと大容量すぎではなく、大きさも扱いやすいです。静音性にも優れています。

値段も1万円近くとお手ごろ価格です。

>> RM650x CP-9020091-JP

CP-9020073-JP HX850i

80PLUS認証クラスはプラチナです。850Wと大きな容量なので、毎日高い頻度で、高負荷の作業やゲームなどをする人におすすめです。

こちらも静音性に大変すぐれております。コネクタも多く、さらに全て取り外しのきくフルモジュラー式を採用しているので、余ったケーブルが邪魔になるようなことがありません。

値段は高いですが、それに見合った機能を備えている電源です。

>> RM650x CP-9020091-JP

高いですが、こだわった電源を購入することをオススメします。

安い電源でも問題はないのでしょう?と思う方もいらっしゃると思いますが、負荷がかかりづらい、電源効率が良いということは、それだけ発熱量も少なくなるので、火災などになるような事態にも陥りにくいです。

下手な安物電源を使って、短絡だの、発熱だの、と大事なパソコンを壊す以上の災害にみまわれてしまう事も考えられるので、品質の良い電源を使うことをオススメしたいのです。