BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

3Dオンラインゲーム対応ゲーミングPCの選び方とおすすめモデル

3DCGを多用したような、FPSやMMOなどのジャンルのオンラインゲームをパソコンでプレイする際に、パソコンのスペックで気にする部分を挙げたいと思います。

あれ?パソコンを買ったけど、もしかしてこのゲームは私のパソコンでは動かないの?なんてことにならないように注意してください。

3DCGを多用するパソコンに必要なスペック

ブラウザゲームなどと違い、3DCGを多用するようなゲームには、非常に高性能なパソコンのスペックが要求されます。

通常のロースペックパソコンでは、表示ができない、もしくは表示ができてもカクカクになったり、起動すらしなかったりしてしまいます。

3DCGゲームを多用するようなパソコンに要求されるのは下記の3つが重要です。

グラフィックボード

グラフィックボードやグラフィックカードとよばれるもので、3DCGなどの映像処理用のCPUやメモリなどを搭載しております。

かなり大きいので、基本的にはデスクトップPCなどに付けます。ノートPCでは最初から搭載しているものを選択しましょう。

一番電源を食いますので、付属して電源ユニットも容量が大きいものが要求されます。

NVIDIA社のGeForceシリーズ、AMD社のRADEONシリーズなどがあります。

www.bto365.net

CPU

パソコン内の様々な処理を行うCPUも高性能なものが必要です。intel製でしたら corei5、Corei7シリーズのなるべく数字が大きいものを選択してください。

AMD製でしたらFX-8370などを選択すると良いとおもいます。最近ではAMD製のCPUを搭載しているパソコンが売られているのは稀に思えます。

メモリ

パソコン内の一時記憶を行います。グラフィックボード内にもビジュアルメモリというものが搭載されておりますが、パソコン内のメモリも必要です。

昨今の3Dオンラインゲームを堪能したいなら8MB以上はあると良いでしょう。

大体予算はどれくらいを見れば良い?

予算はゲームにもよりますが、モニターなどを込みこみで考えるなら15万円は最低でも見ておいたほうが良いでしょう。

ノートPCになりますと、更に小型化のために金額が多くかかると思ってください。しかしながら3DCGを使うようなゲームはグラフィックボードなどで発熱が凄いので、あまりノートPCでプレイするのはオススメいたしません。

できればデスクトップPCの方が、ノートPCよりも安価にすみますし、排熱効率もよく、色々と融通がききます。

3DオンラインゲームにおすすめのゲーミングPC

最低限のものと、ハイエンドなスペックのゲーミングPCをオススメします。

G-GEAR GA7J-C82/T

最新のグラフィックボードであるGeForce GTX1060を搭載したミドルエンドなゲーミングPCです。

通常の3Dオンラインゲームであれば十分に動くスペックですので、価格も安価で手が出しやすいと思います。

>> G-GEAR

ガレリア ZG

CPUもcorei7-6700kを搭載、グラフィックボードもGTX1080を搭載するなど、最近3DCGゲームやVRにも十分に安心して対応できるスペックです。

このスペックで、25万円以内で購入できるのはとても嬉しいゲーミングPCであると言えます。

3Dオンラインゲームをパソコンでプレイするのは意外に敷居が高く感じますが、気をつけるべき点を踏まえてしまえば、あとは予算の許す限りの性能を得られればすぐにプレイできます。

コンシューマーゲーム機よりも、より一段上の体験をしたい人は、絶対購入しておくべきものだと思えます。

>> ガレリア ZG