BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

手軽にPCゲームを開始したい!エントリーモデルゲーミングPCを比較検討

パソコンでゲームをしてみたいのだが、ゲーミングPCを見ると全て10万円以上するような高価なものばかり。

そんな価格では、なかなか手が出ませんが、10万円を切れば少なからず手は届く・・・ということで、安価で手ごろに手に入るゲーミングPCを比較してみたいと思います。

安価なゲーミングPCをBTOショップ毎に見つけてみる。

まずは、BTOショップ毎のエントリーモデルであるゲーミングPCを見繕ってみます。

ドスパラ ガレリア DS

9万円(税抜き)という10万円を切る価格のモデルですが、CPUもGPUも十分な性能です。

VRがしたいとか、超高画質ゲームがしたいということでなければ十分にPCゲームをプレイできる性能です。

キーボードとマウスも付属しているので、後はお気に入りのモニターを購入すれば、ゲーミングPCが手に入ります。

>> ドスパラ ガレリア DS

G-Tune NEXTGEAR-MICRO im570BA5

最安値であれば8万円(税抜き)と、ドスパラより更に安価なゲーミングPCが手に入ります。

ドスパラと比較するとGPUがやや劣り、SSDも搭載しておりませんが、予算的にこちらのほうが、という方はこちらでも十分な性能が得られると思います。

>> G-Tune NEXTGEAR-MICRO im570BA5

ツクモ G-GEAR mini GI7J-A64/T

G-Tuneよりも更に安いゲーミングPCです。

ただし、メモリも最低限の4GBとなっているので、ゲーム全てを満喫するとなると物足りないスペックとなっております。

>> ツクモ G-GEAR mini GI7J-A64/T

パソコン工房 Lev-M011-P-NX

こちらも安価なゲーミングPCです、CPUにやや不安は残りますが、それ以外のスペックは十分なスペックを持っているので、不安な方はCPUを交換してスペックアップすると良いでしょう。

>> パソコン工房 Lev-M011-P-NX

安価なゲーミングPCはどんなゲームがプレイできるのか?

上記の安価なゲーミングPCに付いているGPUはGeForce 750か750Tiとなっており、VRAMが1GB・2GBとなっております。

最近の最新の3DCGをフル活用したようなゲームでも、推奨環境がGTX660以上推奨などと書かれているので、十分に動きます。

よほどゲーム内で設定を上げて、全開の仕様にしなければ、ゲームは動きますので、上記のようなエントリーゲーミングPCでも安心してゲームが遊べます。

流石にVRや4Kともなると不安、または動作がおぼつかない状況に陥ると思われますので、そういったゲームがプレイしたい方は、ハイエンドゲーミングPCを購入するようにいたしましょう。

どのゲーミングPCが買いか?

上記のうちで選択するならば、MouseのゲーミングPCか、CPU交換を目線に入れてのパソコン工房のゲーミングPCを私なら購入いたします。

今後VRゲームをプレイしたいということであれば、今逆にこの安価なPCで我慢して、お金を貯めて、後で高性能なPCを購入する、ということも十分選択肢としてアリだと思えます。