BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

より安価に手頃に!外付けHDDを手に入れる方法

データのバックアップやTVの録画等に便利な外付けHDDですが、既製品を購入すると意外に高価になる場合があります。

少しでも外付けHDDを手に入れたい人にオススメの外付けHDD購入方法があります。

少しでも安く外付けHDDを手に入れるには

少しでも安価に外付けHDDを手に入れる方法として、まずバルクの剥き出し内蔵HDDを入手いたします。

内蔵HDDは価格も安価なものが多いので、自分の欲しい容量のものを入手しましょう。

>> ツクモのHDD

内蔵HDDじゃない、外付けHDDが欲しいんだよ!と言う方、今度はHDDケースを購入してください。

HDDケースがあれば、あら不思議、内蔵HDDを外付けHDDに変換可能です。

HDDは3.5インチ、2.5インチとあるので、大きさを間違えないようにケースを購入してください。古いHDDを使用する場合はIDE接続なのかSATA接続なのかを確認する必要もございます。

あとはケースにHDDをセットすれば、電源ケーブルやUSBケーブルなどをセットすることで、外付けHDDとして使用することが可能です。

高性能なHDDケースは、複数台のHDDを管理、さらに・・・。

高性能なHDDケースは、複数台のHDDを管理できるケースもあります。容量が不足したらどんどんとHDDを増設できるので管理が非常に楽です。

さらに、金額を出せばNAS機能のついたHDDケースもあります。しかし、今回は安価に手に入れる方法なので、割愛いたします。

www.bto365.net

HDDとケースを購入してすること

大抵はそのまま接続すれば使用できますが、以下のことをしておくと良いでしょう。

フォーマットを行う。

購入したばかりのHDDをフォーマットします。USB接続しましたら、パソコンが外付けHDDを認識することを確認してください。

認識されていないようであれば、コントロールパネルからUSBデバイスを確認しましょう。

無事認識されたら、外付けHDDを選択して右クリックをし、フォーマット(初期化)を行うようにしましょう。

以上で、簡単に大容量の内蔵HDDが安価で外付けHDDに変換することが可能です。既製品の外付けHDDはバルク品と比較すると価格も高いものが多いのです。

もし、お手元に余った内臓HDDがあるのであれば、ケースだけを購入すれば、外付けHDDとしても使用できるので、より安価に外付けHDDを作成することが可能です。

少しでも費用削減をすれば、別のパソコンのパーツなども購入できるというものです。