BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

暑い季節になってきたので、ノートPCの熱暴走対策を紹介します

先日猛暑日になり、いよいよ夏がやってきた、という状況ですが、なにより心配なのはパソコンの熱暴走です。

とくにノートPCは、どうしても小さくするために排熱効率が悪くなり、熱暴走になりがちです。ノートPCの熱暴走を防ぐ対策などを書いていきたいと思います。

ノートPCの熱暴走対策

ケースの大きなデスクトップPCでしたら、ファンなどの増設などを行えばいくらでも排熱効率を上げることは可能で、熱暴走の心配は低いと言えます。

とくに最近のCPUはオーバークロックでもしない限りは、消費電力も少なく、温度が上がりづらいように作成されております。

しかし、ことノートPCに至っては、どうしても薄く、計量に作ることを前提としているので、排気口などが少なく熱がこもりがちです。

熱がこもるということは、CPUの温度の上昇もあり、熱暴走を起こす可能性が高くなりますので対策を練らねばなりません。

ノートPCを効率良く冷やす方法

高い負荷をかけない

ノートPCを効率よく冷却する方法のひとつは『高い負荷をかけない』のが一番ですが、それができたらやっているという人がほとんどだと思います。

もしも、同時に複数の作業を行っているような人は、一つ一つの作業を配分して行うようにしてください。

部屋の温度をできるだけ下げる

外気を下げて、ノートPC本体の温度も下げましょう。ここはデスクトップPCと一緒です。外気が熱くてはノートPC本体の温度も下がりません。

ノートPC冷却グッズを使用してみる

クーラーパッド、冷却ファン付き机、冷却用扇風機、などがあります。これらを使ってみるのも良いと思われます。

しかし、注意したいのが、このグッズをノートPCのUSBで接続して電源供給するタイプは、あまり意味が無いと思います。

ノートPCに負荷をかけてしまったら一緒なので、電源は別供給しましょう。また、こういったタイプの接続器機を設置するにあたって、ノートPCの排気口を塞いでしまうという本末転倒なことはしないようにしましょう。

ノートPCはどうしても温度が上がりやすいものです

上記排熱対策をしても、どうしても負荷がかかればノートPCの温度は上昇しやすいです。上手に空気を循環させ、またノートPCに長時間、高負荷をかけるような作業は控えましょう。

スペースの問題が無ければ、高い負荷のかかる作業は、デスクトップPCにまかせるということも考えられます。

デスクトップPCであれば、ノートPCよりも低価格で、ノートPCと同スペックのパソコンが手に入ることも考えてみてください。