BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

5万円以下で購入できるBTOパソコンってどれくらいの性能があるのか?

パソコンの性能も、日常で使用するような状態であれば、大した金額でなければだいぶ安価で購入できるようになりました。

パソコンも5万円以下程度なら、購入しても良いかな?と思いますよね。仕事や趣味や余暇などにパソコンは必需品だと思います。

価格別に購入できるパソコンとできることをわけてみました

1万円以下(税抜)で購入できるパソコン

流石に1万円以下でモニター付きとはいきません。購入できる種別としては、スティックPCくらいです、マウスもキーボードも必要です。

できることは、主にメールの送受信と、WEB閲覧です。動画はあまり高負荷を与えると、オーバーヒートにより動画がカクカクしてしまうことでしょう、長時間の使用にはあまり耐えられません。

1万円を超え、2万円以下(税抜)で購入できるパソコン。

スティックPCとWindowsOSのタブレットなどがあげられると思います。

できることは、上記と同じような使い方です。タブレットにすれば、映像出力もついてくるので、作業がしやすいです。キーボードやマウスは別途必要になります。

2万円を超え、3万円以下(税抜)で購入できるパソコン。

大分選択肢が増え、スティックPC、WindowsOSタブレット、ノートPCなどが選択肢に上がってきます。

この金額になると、オフィスソフトなども快適に扱えるようになり、動画も見やすくなってくることでしょう。ノートPCになれば、取り回しも機能的出扱いやすいです。仕事にも使いやすいですね。

3万円を超え、4万円以下(税抜)で購入できるパソコン。

こちらも安価なノートPCなどが購入できます。メモリなども充実してきますので、快適なWEB、動画閲覧、オフィスソフトなども快適に動くでしょう。

仕事で持っていても問題ない仕様になってきますし、二台目の持ち歩きパソコンとして使用するのが良いと思われます。

またミニタワーデスクトップPCなども選択肢に入ってきます。ストレージにSSDも搭載されているので起動が早く快適です。

4万円を超え、5万円以下(税抜)で購入できるパソコン。

そこそこ性能の良いミニタワーデスクトップPCなどが購入可能となってきます。

3DCGを扱った高性能なゲームはプレイできませんが、ブラウザゲームなどは快適にプレイできます。

5万円以下のパソコンは買いか?

ゲームがメインということであれば、間違いなくハイエンドPCをオススメするので、5万円以下のパソコンはオススメに入りませんが、サブPCや家族共有PCなどであれば十分な性能が得られると思います。

スティックPCやタブレットやノートPCなどはリビングに1台あると非常に便利だと思います。あまりPCは必要ないけど、仕事上一応メール確認などが必要、オフィスも使う必要があるというかたは2万円〜5万円程度のパソコンがあれば十分だと思います。

用途にあわせれば十分に使える。

用途別に考えて、動画編集や3DCGやハイエンドゲームなど、クリエイティブな扱い方でなければ十分です。別途モニターやマウスやキーボードなど、自分にあった性能を選び、購入すれば間違いは無いと思います。