BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

BTOショップでパソコンを購入!さぁ届いた!まず確認する6つのこと

BTOショップでパソコンを購入、手元に届いたら、逸る気持ちを抑えて、まず確認しておきたいところがいくつかあります、ここでは絶対に確認しておきたいことを紹介します。

パーツなどはしっかり揃っているか確認しよう

まず、納品書などを確認し、内容物をしっかり確認しましょう、入ってないパーツや付属品は無いでしょうか?マウス、キーボード、各コネクタ、OSを頼んでいる場合インストールディスクなどが入っているか確認が必要です。

パソコンケースの中身を確認しよう

パソコンを起動する前に、パソコンの中身を確認しましょう、コネクタの挿し忘れなどが、たまーにあるのがBTOパソコン、と割り切って確認しましょう、ケースをあけたら、まずデジカメやスマートフォンのカメラで各所の写真を撮影すると良いです。

電源スイッチなどをしっかり接続したことを確認しよう

モニター、パソコンの電源コンセントの接続、コネクタの接続をしっかり確認しましょう、慌てて電源スイッチを入れて、あれ?起動しない!電源が入ってなかった、という恥ずかしいことにならないようにしましょう。

起動確認をしよう

上記電源までの確認がとれたら、電源スイッチを入れて、いざ起動確認!ビープ音も無くしっかり起動することを確かめましょう、キーボードやマウスの上になにかものが乗っていたり異常があったりした場合はビープ音が鳴るなど起こりえます。

CPUファンはまわっていますか?HDDやSSDのアクセスランプはしっかり点灯していますか?どこも異常が無いか、しっかりと確認しておきましょう。

パソコン上のシステム確認

パソコンがしっかりと、パーツを認識しているか確認します、コントロールパネルのシステムなどから、CPU、メモリ、GPU、BIOSがしっかり認識されているか確認しましょう。

不要なソフトのアンインストール

BTOショップでは稀ではありますが、不要なソフトがインストールされている場合があります、ウィルスセキュリティソフト(無料期間●●日等)や広告アプリなどがインストールされている場合があるので、使わないものはどんどんアンインストールしてしまいましょう。

入れておくと、無造作にアップデートや、製品版をおすすめするポップアップが出てきて非常に鬱陶しいです、自分の選んだウィルスセキュリティソフトを使用しましょう、最初から製品版付きを選択しているようであれば、問題はありません、こちらは自己責任です。

上記中の不具合が起こったら?

不具合チェック中に不具合が起こったら、パソコンを購入したBTOショップに確認をとりましょう、アンインストール作業は自己責任ですので、注意しましょう。

とくに配線の接続ミスなどは発見したら、即座にショップに連絡をし、よほどの自信がない限りはショップにしっかり対応をしてもらうようにお願いしましょう、自分でやって保証外と言われても嬉しくはありませんので。

便利なBTOショップではありますが、オートメーション作業で作られているわけではないので、人のミスが起こりうるものです、起動前にしっかり予防線、確認を行えば、トラブルを防ぐことができます。

どんなことでも確認作業は大事なので、信頼のおけるBTOショップでも、こういった確認作業は行うに超したことはありません。